会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高齢者患者の補綴治療結果のプレビューに対する意識 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Med Life.2020 Jan-Mar;13(1):82-86. JMedLife-13-82. doi: 10.25122/jml-2019-0125.

高齢者患者の補綴治療結果のプレビューに対する意識

Elderly Patients' Perception of Previewing the Prosthetic Treatment Outcome.

  • Mihaela Pantea
  • Ana Maria Cristina Tancu
  • Alexandru Petre
  • Marina Imre
  • Ecaterina Ionescu
PMID: 32341706 PMCID: PMC7175426. DOI: 10.25122/jml-2019-0125.

抄録

人口動態統計によると、産業の発展と医療分野の進歩に伴い、人口の平均寿命が大幅に伸び始めており、その結果、老年歯科治療のニーズはますます重要になってきている。本研究の目的は、デジタルスマイルデザイン(DSD)、ワックスアップ、間接モックアップ、仮歯修復、CAD(Computer-Aided Design)など、最終的な固定補綴物のプレビューを得るために使用される多様な技術について、患者の認識を評価することであった。11名の参加者(全員が高齢者)を含むフォーカスグループを編成し、様々なプレビジュアライゼーション法を適用する前と後の7つの質問に回答してもらいました。フォーカスグループの報告書によると、老年患者は、間接的なモックアップと一時的な修復物が、良好な補綴物のプレビューを得るための最良の方法であると考えていることが示された。試験した他の方法と比較して、間接的なモックアップの使用は、補綴治療計画の受容性を高め、72.7%の参加者に最も影響力のある視覚的インパクトを提供した。さらに、試験したすべての内覧会では、患者との良好なコミュニケーションが可能であり、最も良好な結果が得られたのは仮の補綴物であった(参加者の54.5%)。このアプローチは、最終的な歯科修復物に関するより良い意思決定のためのツールであり、患者の治療計画の受け入れにも良い影響を与え、最終的な修復物がより予測可能なものとなった。

The demographic statistics indicate that, with the industrial development and the advances in the medical field, the average life of the population has started to increase significantly; consequently, the needs of treatments in geriatric dentistry are becoming more and more significant. The purpose of this study was to evaluate patients' perception of diverse techniques used to obtain previews for final fixed prosthetic restorations: digital smile design (DSD), wax-up, indirect mock-up, temporary restorations, Computer-Aided Design (CAD). A focus group that included 11 participants, all of them geriatric patients, was formed; patients were invited to respond to a set of seven questions before and after various previsualization methods were applied. The focus-group report indicated that the indirect mock-up and the temporary restorations were considered by the geriatric patients as the best methods for obtaining good prosthetic previews. Comparing to the other tested methods, the use of indirect mock-up increased the acceptance of the prosthetic treatment plan and offered the most influential visual impact for 72.7% of participants. In addition, all tested previews allowed excellent communication with patients, the best results being obtained with the temporary prosthetic restorations (for 54.5% of participants). This approach represented a tool for better decisions regarding final dental restoration and has had a positive influence on patients' acceptance of the treatment plan as well, making the final restoration more predictable.

©Carol Davila University Press.