会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科インプラント周囲骨組織への衝撃損傷のシミュレーション解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Apr;10(1):6927. 10.1038/s41598-020-63666-5. doi: 10.1038/s41598-020-63666-5.Epub 2020-04-24.

歯科インプラント周囲骨組織への衝撃損傷のシミュレーション解析

Simulation analysis of impact damage to the bone tissue surrounding a dental implant.

  • Xinyang Ma
  • Xiaoou Diao
  • Zhirui Li
  • Haitao Xin
  • Tao Suo
  • Bing Hou
  • Zhongbin Tang
  • Yulu Wu
  • Fan Feng
  • Huiwen Luo
PMID: 32332927 PMCID: PMC7181623. DOI: 10.1038/s41598-020-63666-5.

抄録

歯科インプラントは一過性の外部衝撃を受けることがあります。インプラントの骨損傷に対する衝撃力の影響をシミュレートすることは、骨損傷の評価や治療の指針となるために非常に重要です。本研究では、ニュージーランド産ウサギの大腿骨頸部にインプラントを挿入した動物モデルを構築した。オッセオインテグレーションの良好なインプラントに衝撃力を加えた。この動物モデルのデータをもとに、3次元有限要素モデルを構築した。骨組織の損傷過程は,大腿骨の動的力学特性を組み合わせたAbaqus 6.13を用いてシミュレートした.動物実験の結果と数値シミュレーションデータを比較することで、骨損傷の特徴を解析した。衝撃後、インプラント周囲の皮質骨とインプラント底部の海綿骨が損傷を受けやすいことがわかった。損傷の程度は、荷重の方向や衝撃の大きさと相関していた。横方向の荷重は海綿骨を損傷する可能性が高かった。衝撃力によって形成された応力波は、インプラントと骨の界面やインプラント周囲の海綿骨を損傷させる可能性がある。数値シミュレーションのデータは動物実験のデータと一致しており、患者さんの病歴に基づいた十分な検査・評価の重要性が浮き彫りになりました。

Dental implant may suffer transient external impacts. To simulate the effect of impact forces on bone damage is very important for evaluation of damage and guiding treatment in clinics. In this study, an animal model was established by inserting an implant into the femoral condyle of New Zealand rabbit. Implant with good osseointegration was loaded with impact force. A three-dimensional finite element model was established based on the data of the animal model. Damage process to bone tissue was simulated with Abaqus 6.13 software combining dynamic mechanical properties of the femur. The characteristics of bone damage were analyzed by comparing the results of animal testing with numerical simulation data. After impact, cortical bone around the implant and trabecular at the bottom of the implant were prone to damage. The degree of damage correlated with the direction of loading and the magnitude of the impact. Lateral loading was most likely performed to damage cancellous bone. The stress wave formed by the impact force can damage the implant-bone interface and peri-implant trabeculae. The data from numerical simulations were consistent with data from animal experiments, highlighting the importance of a thorough examination and evaluation based on the patient's medical history.