会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

結腸外悪性腫瘍誘発大腸閉塞に対する手術への橋渡しとしてのステント留置:予備的経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Gastroenterol.2020 Apr;20(1):117. 10.1186/s12876-020-01273-4. doi: 10.1186/s12876-020-01273-4.Epub 2020-04-19.

結腸外悪性腫瘍誘発大腸閉塞に対する手術への橋渡しとしてのステント留置:予備的経験

Stenting as a bridge to surgery for extra-colonic malignancy induced colorectal obstruction: preliminary experience.

  • Eui Joo Kim
  • Sang Hoon Han
  • Kyoung Oh Kim
  • Jun-Won Chung
  • Dong Kyun Park
  • Kwang An Kwon
  • Jung Ho Kim
PMID: 32306900 PMCID: PMC7168826. DOI: 10.1186/s12876-020-01273-4.

抄録

背景:

大腸閉塞の大部分は大腸癌に起因するものである。しかし,結腸外由来の悪性腫瘍も大腸の開存性を乱すことがあり,これらの患者に対する手術への橋渡しとしての自己拡張型メタルステント(SEMS)挿入の有効性については,いまだに議論の余地がある.本研究の目的は、結腸外悪性腫瘍(ECM)誘発性大腸閉塞に対する手術への橋渡し(BTS)としての内視鏡的ステント留置の有効性を評価することである。

BACKGROUND: The majority of colonic obstructions result from colorectal cancer. However, malignancies of extra-colonic origin can also disrupt colorectal patency, and the efficacy of self-expanding metal stents (SEMS) insertion as a bridge to surgery in these patients are still in debate. The aim of this study is to evaluate the efficacy of endoscopic stenting as a bridge to surgery (BTS) for extra-colonic malignancy (ECM)-induced colonic obstruction.

方法:

2004年から2015年の間に1つの学術三次医療センターで自己拡張型メタルステント(SEMS)挿入を受けたECMによる大腸閉塞患者33例を対象とした。SEMS挿入の目的は、患者の医療記録にSEMS挿入前の手術計画が示されているかどうかに基づいて決定した。技術的成功とは、閉塞部の全長をカバーするSEMSが特許を取得していることと定義した。ブリッジング成功とは、最初のSEMS挿入後に選択的な外科手術が行われた場合と定義した。

METHODS: Thirty-three patients with colonic obstruction due to ECM who received self-expanding metal stents (SEMS) insertion at a single academic tertiary medical center between 2004 and 2015 were included. The purpose of SEMS insertion was determined based on whether the patient's medical records indicated any surgical plans before SEMS insertion. Technical success was defined as a patent SEMS covering the entire length of the obstruction. Bridging success was defined as elective surgical procedures after the first SEMS insertion.

結果:

ECMによる大腸閉塞に対してSEMSを挿入した33例のうち、9例がBTSとしてSEMSを挿入した。技術的には100%(9/9)で成功した。1回目のSEMSで減圧成功後に選択手術を受けた患者は7例で、ブリッジ成功率は77.8%(7/9)であった。2例は選択手術前に二次ステント挿入を必要とした。しかし、いずれも緊急手術を必要としなかった。大腸内視鏡手術に関連した死亡、穿孔、出血などの重大な合併症は発生しなかった。

RESULTS: Among the 33 patients who underwent SEMS insertion for colorectal obstruction due to ECM, nine underwent SEMS as a BTS. Technical success was achieved in 100% (9/9). Seven patients underwent elective surgery after successful decompression with the first SEMS, and the bridging success rate was 77.8% (7/9). Two patients needed secondary stent insertion before elective surgery. However, none of them required emergent surgery. No major complications occurred, including death related to colorectal endoscopic procedures, perforation, or bleeding.

結論:

BTSとしてのSEMS挿入は,結腸外悪性腫瘍による結腸閉塞患者において,緊急手術を回避するための良好な治療選択肢である.

CONCLUSION: SEMS insertion as a BTS is a good treatment option to avoid emergent surgery in patients with colonic obstruction caused by extra-colonic malignancy.