国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

早期びまん性皮膚全身性硬化症(RISE-SSc)患者におけるリオシグアト:無作為化二重盲検プラセボ対照多施設共同試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann. Rheum. Dis..2020 05;79(5):618-625. annrheumdis-2019-216823. doi: 10.1136/annrheumdis-2019-216823.

早期びまん性皮膚全身性硬化症(RISE-SSc)患者におけるリオシグアト:無作為化二重盲検プラセボ対照多施設共同試験

Riociguat in patients with early diffuse cutaneous systemic sclerosis (RISE-SSc): randomised, double-blind, placebo-controlled multicentre trial.

  • Dinesh Khanna
  • Yannick Allanore
  • Christopher P Denton
  • Masataka Kuwana
  • Marco Matucci-Cerinic
  • Janet E Pope
  • Tatsuya Atsumi
  • Radim Bečvář
  • László Czirják
  • Eric Hachulla
  • Tomonori Ishii
  • Osamu Ishikawa
  • Sindhu R Johnson
  • Ellen De Langhe
  • Chiara Stagnaro
  • Valeria Riccieri
  • Elena Schiopu
  • Richard M Silver
  • Vanessa Smith
  • Virginia Steen
  • Wendy Stevens
  • Gabriella Szücs
  • Marie-Elise Truchetet
  • Melanie Wosnitza
  • Kaisa Laapas
  • Janethe de Oliveira Pena
  • Zhen Yao
  • Frank Kramer
  • Oliver Distler
PMID: 32299845 PMCID: PMC7213318. DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-216823.

抄録

目的:

リオシグアトは肺動脈性肺高血圧症に承認されており,組織線維化の動物モデルにおいて抗増殖作用,抗炎症作用,抗線維化作用を有する。皮膚線維化の進行リスクが高い早期びまん性皮膚全身性硬化症(DCSSc)患者を対象に,リオシグアトの有効性と安全性を評価した。

OBJECTIVES: Riociguat is approved for pulmonary arterial hypertension and has antiproliferative, anti-inflammatory and antifibrotic effects in animal models of tissue fibrosis. We evaluated the efficacy and safety of riociguat in patients with early diffuse cutaneous systemic sclerosis (dcSSc) at high risk of skin fibrosis progression.

方法:

この無作為化二重盲検プラセボ対照第 IIb 相試験では、18 ヵ月未満の dcSSc と修正 Rodnan 皮膚スコア(mRSS)10~22 単位の成人を対象に、リオシグアト 0.5 mg~2.5 mg を 1 日 3 回経口投与(n=60)、またはプラセボ投与(n=61)を行った。主要エンドポイントは、ベースラインから52週目までのmRSSの変化とした。

METHODS: In this randomised, double-blind, placebo-controlled, phase IIb trial, adults with dcSSc of <18 months' duration and a modified Rodnan skin score (mRSS) 10-22 units received riociguat 0.5 mg to 2.5 mg orally three times daily (n=60) or placebo (n=61). The primary endpoint was change in mRSS from baseline to week 52.

結果:

52週目のmRSS単位のベースラインからの変化は、リオシグアトで-2.09±5.66(n=57)、プラセボで-0.77±8.24(n=52)であった(最小二乗平均値の差は-2.34(95%信頼区間-4.99~0.30、p=0.08))。間質性肺疾患を有する患者では,強制生命力はリオシグアトで2.7%,プラセボで7.6%低下した.14週目の平均レイノー状態スコアは、リオシグアト投与群で19例(41.3%)/46人、プラセボ投与群で13例(26.0%)/50人で50%以上改善しました。安全性評価では、リオシガットによる新たなシグナルは認められず、治療関連死は認められなかった。

RESULTS: At week 52, change from baseline in mRSS units was -2.09±5.66 (n=57) with riociguat and -0.77±8.24 (n=52) with placebo (difference of least squares means -2.34 (95% CI -4.99 to 0.30; p=0.08)). In patients with interstitial lung disease, forced vital capacity declined by 2.7% with riociguat and 7.6% with placebo. At week 14, average Raynaud's condition score had improved ≥50% in 19 (41.3%)/46 patients with riociguat and 13 (26.0%)/50 patients with placebo. Safety assessments showed no new signals with riociguat and no treatment-related deaths.

結論:

リオシグアトは、事前に定義されたp<0.05において、プラセボと比較してmRSSに有意な効果は認められませんでした。二次解析および探索的解析では、さらなる試験で検証すべき潜在的な有効性のシグナルが示されました。リオシグアトの忍容性は良好でした。

CONCLUSIONS: Riociguat did not significantly benefit mRSS versus placebo at the predefined p<0.05. Secondary and exploratory analyses showed potential efficacy signals that should be tested in further trials. Riociguat was well tolerated.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY. Published by BMJ.