国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

小児喘息患者における薬剤反応の予測因子。文献の系統的レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr. Pulmonol..2020 Jun;55(6):1320-1331. doi: 10.1002/ppul.24782.Epub 2020-04-16.

小児喘息患者における薬剤反応の予測因子。文献の系統的レビュー

Predictors of response to medications for asthma in pediatric patients: A systematic review of the literature.

  • Carlos E Rodriguez-Martinez
  • Monica P Sossa-Briceño
  • Jose A Castro-Rodriguez
PMID: 32297708 DOI: 10.1002/ppul.24782.

抄録

目的:

小児患者における喘息コントローラー療法の薬物レジメンに対する反応の違いを予測することを目的とした研究の系統的レビューはこれまでに行われていない。本研究の目的は、異なる喘息コントローラー療法のバイオマーカーを同定した研究をまとめることである。

OBJECTIVES: There has been no systematic review of studies aimed to predict differential responses to medication regimens for asthma controller therapies in pediatric patients. The aim of the present study was to summarize those identifying biomarkers for the different asthma controller therapies.

方法:

2019年6月までに発表された研究で、小児患者における喘息コントローラー療法の奏効予測因子となる可能性のある表現型または遺伝子型の特徴またはバイオマーカーを報告しているものを対象とした。研究の質は、Cochrane Risk of BiasツールとNewcastle-Ottawa Scaleツールを用いて評価した。

METHODS: Studies published by June 2019 that report phenotypic or genotypic characteristics or biomarkers that could potentially serve as response predictors to asthma controller therapies in pediatric patients were included. The quality of studies was assessed using the Cochrane Risk of Bias tool and the Newcastle-Ottawa Scale tool.

結果:

特定された385試験のうち、30試験が含まれた。喘息持ちで、喘息の家族歴が陽性で、より重症で、白人種族で、アレルギーバイオマーカーがあり、非肥満で、肺機能が低く、メタホリンに対する気管支過反応性が高い、またはFCER2とCRHR1遺伝子に変異がある子供は、吸入コルチコステロイド(ICS)に反応しやすいとされました。年齢が若い(10歳未満)、疾患期間が短い(4年未満)、コチニンおよび尿中ロイコトリエンE4(LTE4)レベルが高い、5/5 ALOX5はロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)への反応性が良好であることと関連していた。症状が残る患者では、白人ヒスパニックはLTRA、黒人はICS、白人非ヒスパニックはLTRAまたはLABA、湿疹の既往歴のない小児は人種や民族に関係なくLABAの設定療法に反応する可能性が高かった。重度の持続性喘息では、アトピーがあり、体格指数が25以上の人は、オマリズマブの効果が得られる可能性が高かった。

RESULTS: Of 385 trials identified, 30 studies were included. Children with asthma and a positive family history of asthma, with more severe disease, of the white race, with allergy biomarkers, nonobese, with lower lung function, high bronchial hyperresponsiveness to methacholine, or having variants in the FCER2 and CRHR1 gene respond better to inhaled corticosteroids (ICS). Younger age (<10 years), short disease duration (<4 years), high cotinine and urinary leukotriene E4 (LTE4) levels, and 5/5 ALOX5 were associated with a better response to leukotriene receptor antagonist (LTRA). For patients that remain symptomatic, white Hispanics were more likely to respond to LTRA, blacks to ICS, white non-Hispanics to LTRA or LABA, and children without a history of eczema, regardless of race or ethnicity to LABA set-up therapy. In severe persistent asthma, those with atopy and body mass index greater than or equal 25 were more likely to benefit from omalizumab.

結論:

いくつかの表現型特性、バイオマーカー、またはファーマコゲノミクスマーカーは、喘息治療に最適な薬剤を予測するのに有用である可能性がある。

CONCLUSION: Several phenotypic characteristics, biomarkers, or pharmacogenomics markers could be useful for predicting the best drug for asthma treatment.

© 2020 Wiley Periodicals, Inc.