会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ハイドロアルコール抽出物はHeLa子宮頸がん細胞にアポトーシスを誘導し、遺伝子発現を変化させる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rep Biochem Mol Biol.2019 Oct;8(3):318-325.

ハイドロアルコール抽出物はHeLa子宮頸がん細胞にアポトーシスを誘導し、遺伝子発現を変化させる

Hydroalcoholic Extract Induces Apoptosis and Alters and Gene Expression in Hela Cervical Cancer Cells.

  • Mehdi Rezai
  • Ramin Saravani
  • Saman Sargazi
  • Mahdiyeh Moudi
  • Mahdieh Jafari Shahroudi
  • Roya Saravani
PMID: 32274404 PMCID: PMC7103081.

抄録

背景:

原腫瘍遺伝子LIN28Bの不適切な活性化およびp53腫瘍抑制因子の不活性化は、腫瘍形成に重要な役割を持つことが示されている。これまでの研究では、癌治療の代替戦略としてのハーブ植物の使用のための治療的可能性が示されている。 C.コッホは、その薬効特性のために伝統的に使用されてきた植物である。本研究の目的は、HeLa子宮頸がん細胞に対するハイドロアルコール抽出物()の細胞毒性およびアポトーシス誘導効果と、その影響および発現を調べることであった。

Background: Inappropriate activation of the proto-oncogene LIN28B and inactivation of the p53 tumor suppressor, have been shown to have a critical role in tumorigenesis. Previous research has shown therapeutic potential for the use of herbal plants as an alternative strategy for cancer treatment. C. Koch is a plant that has been traditionally used for its medicinal properties. The aim of this study was to investigate the cytotoxic and apoptosis-inducing effect of hydroalcoholic extract () on HeLa cervical cancer cells and its effect on and expression.

方法:

抽出物の細胞毒性活性をトリパンブルー排除アッセイを用いて HeLa 細胞を対象に評価した。アネキシンV/PI二重染色アッセイを用いて、抽出物のアポトーシス誘導効果を評価した。また、抽出物の発現量と mRNA の発現量をリアルタイム PCR 法で測定した。

Methods: The cytotoxic activity of was evaluated on HeLa cells using a trypan blue exclusion assay. The Annexin V/PI double staining assay was used to evaluate the apoptosis-inducing effect of the extract. The expression of and mRNA was measured using the real-time-PCR method.

結果:

での処理は、時間および濃度依存性の両方の方法で細胞毒性を誘導することが示された(P<0.05)。アポトーシスを受けるHeLa細胞の命題は、濃度の増加とともに増加した(P<0.05)。p53のmRNAレベルは、12、24、48時間のAWHE処理後に増加したのに対し、4~12時間の処理後には有意に減少した(p<0.05)。

Results: Treatment with was shown to induce cytotoxicity in both time and concentration-dependent manners (P<0.05). The proposition of HeLa cells undergoing apoptosis increased with increasing concentrations of (P<0.05). The mRNA levels of p53 increased following 12, 24, and 48 hours of AWHE treatment whereas the mRNA levels of were significantly decreased after 4 to 12 hours of treatment (p<0.05).

結論:

我々の知見は、子宮頸がんHeLa細胞株のプロアポトーシス機能を確認した。このことは、LIN28B シグナルカスケードを標的とすることが子宮頸がんの有望な治療戦略となる可能性を示唆している。ヒト初代子宮頸がん細胞および前臨床子宮頸がんモデルの治療効果を理解するためには、さらなる研究が必要である。

Conclusion: Our findings confirmed the pro-apoptotic function of on the cervical cancer HeLa cell line. This indicates that targeting the LIN28B signaling cascade may be a promising therapeutic strategy for cervical cancer. Further research is required to understand the therapeutic effects of in primary human cervical cancer cells and a pre-clinical cervical cancer model.