会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腰椎椎間板脱患者の疼痛と機能障害に対する患者特異的三次元腰椎牽引の効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Niger J Clin Pract.2020 Apr;23(4):498-502. NigerJClinPract_2020_23_4_498_281916. doi: 10.4103/njcp.njcp_285_19.

腰椎椎間板脱患者の疼痛と機能障害に対する患者特異的三次元腰椎牽引の効果

Effects of patient-specific three-dimensional lumbar traction on pain and functional disability in patients with lumbar intervertebral disc prolapse.

  • F Asiri
  • J S Tedla
  • M S D Alshahrani
  • I Ahmed
  • R S Reddy
  • K Gular
PMID: 32246656 DOI: 10.4103/njcp.njcp_285_19.

抄録

背景:

腰椎椎椎間板の脱落は腰痛の最も一般的な原因の一つであり、牽引は影響を受けた患者に提供される理学療法治療の中で最も一般的な治療法の一つである。臨床現場での有効性を確保するためには、牽引装置の進歩が必要とされています。

Background: Prolapsed lumbar intervertebral disc is one of the most prevalent causes of low back pain and traction is one of the most common physical therapy treatments offered to affected patients. Advancements in traction equipment are needed to ensure their effectiveness in clinical situations.

目的:

本研究の目的は、腰椎椎間板脱患者の痛みと機能障害に対する患者固有の三次元腰椎牽引の効果を調べることであった。

Aims: The objective of the study was to find out the effect of patient-specific three-dimensional lumbar traction on pain and functional disability in individuals with lumbar intervertebral disc prolapse.

被験者と方法:

原著論文と実験計画。腰椎椎間板脱と診断された 25 名の被験者(年齢範囲:34~67 歳)を本研究に含めた。患者固有の三次元腰椎牽引は、1ヵ月間、週3回のセッションとして行われた。すべての参加者は、痛みを評価するために10cmの視覚的アナログ疼痛尺度と疼圧閾値、機能的障害を評価するためにOswestry障害指数を記入した。

Subjects and Methods: Original article and Experimental design. Twenty-five participants (age range: 34-67 years) diagnosed with lumbar intervertebral disc prolapse were included in this study. Patient-specific three-dimensional lumbar traction was given as three sessions per week for the duration of one month. All participants completed a 10-cm visual analog pain scale and pain pressure threshold to assess pain and the Oswestry disability index to assess the functional disability.

結果:

介入前から介入後にかけて、視覚アナログスケールの疼痛スコア、疼痛圧閾値、Oswestry disability indexの平均値に有意な変化が認められた(P<0.001)。痛みの強さは8.5から3.2に、痛み圧閾値は0.7から1.6kg/cmに、機能障害は53.5から31.3%に減少した。

Results: On pre to post interventions, a significant change in mean values were found for visual analog scale pain score, pain pressure threshold, and Oswestry disability index (P < 0.001). The pain intensity was reduced from 8.5 to 3.2, pain pressure threshold increased from 0.7 to 1.6 kg/cm, and functional disability was reduced from 53.5% to 31.3%.

結論:

12 回の患者特異的三次元腰椎牽引は,腰椎椎間板脱の被験者において,疼痛の軽減と機能障害の改善を促進した.

Conclusion: Twelve sessions of patient-specific three-dimensional lumbar traction promoted a reduction in pain and improvement in functional disability among subjects with lumbar intervertebral disc prolapse.