会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

エッセンシャルオイルとその主成分である1,8-シネオールのA2780卵巣癌細胞に対するプロアポトーシス活性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Molecules.2020 Mar;25(7). E1582. doi: 10.3390/molecules25071582.Epub 2020-03-30.

エッセンシャルオイルとその主成分である1,8-シネオールのA2780卵巣癌細胞に対するプロアポトーシス活性

Proapoptotic Activity of Essential Oil and Its Major Constituent 1,8-Cineole against A2780 Ovarian Cancer Cells.

  • Ashraf N Abdalla
  • Usama Shaheen
  • Qasem M A Abdallah
  • Guido Flamini
  • Majdi M Bkhaitan
  • Mohamed I S Abdelhady
  • Roberta Ascrizzi
  • Ammar Bader
PMID: 32235558 PMCID: PMC7180961. DOI: 10.3390/molecules25071582.

抄録

DC.はヨルダンで栽培されている6種のうちの1種です。この属の多くの種は、民間療法で様々な病気を治療するために使用されており、いくつかの生物学的・薬理学的活性は、その精油(EO)に帰属している。本研究では、ヨルダンで栽培された試料から得られたEOをGC-MSで分析した。その結果,96種類の化合物が検出され,そのうち酸素化モノテルペンが47.9%と最も多く,次いで非テルペン誘導体が27.9%,セスキテルペンが14.2%であった。EO中に最も多く含まれる化合物は1,8-シネオール(21.7%)であった。EOの細胞毒性活性を3つの癌細胞株(MCF7、A2780およびHT29)および1つの正常線維芽細胞株(MRC5)に対してMTTアッセイで評価した。EOを投与したA2780及びHT29細胞では有意な増殖抑制効果が認められた(IC = 12.99及び14.02 μg/mL)が、MCF7及びMRC5では感受性が低かった。EOはA2780細胞においてアポトーシスを誘導し、preG1イベントを増加させた。EOの主成分である1,8-シネオールは、A2780細胞に対してサブマイクロモルの細胞毒性を示し、MRC5細胞に対しては42倍の選択性を示した。A2780細胞に対する細胞毒性はドキソルビシンと同程度であったが、1,8-シネオールはMRC5正常細胞に対してより選択的であった。興味深いことに、1,8-シネオールはA2780細胞のアポトーシスを促進し、preG1イベントを用量依存的に顕著に増加させた。このように、1,8-シネオールは有望な細胞毒性およびプロアポトーシス特性を示した。

Among the hundreds of reported species, (Labill.) DC. is one of the six that grow in Jordan. Many species of this genus are used in folk medicine to treat a variety of ailments and several biological and pharmacological activities have been ascribed to their essential oil (EO). For this study, the EO obtained from a specimen of grown in Jordan was analyzed by GC-MS. Ninety-six compounds were detected, of which oxygenated monoterpenes was the predominant class (47.9%), followed by non-terpene derivatives (27.9%), while sesquiterpenes represented 14.2% of the total composition. The most abundant compound in the EO was 1,8-cineole (21.7%). The cytotoxic activity of the EO was evaluated against three cancer cell lines (MCF7, A2780 and HT29), and one normal fibroblast cell line (MRC5) by MTT assay. Significant growth inhibition was observed in EO-exposed A2780 and HT29 cells (IC = 12.99 and 14.02 μg/mL, respectively), while MCF7 and MRC5 were less susceptible. The EO induced apoptosis and increased the preG1 events in A2780 cells. 1,8-Cineole, the major constituent of the EO, exhibited submicromolar cytotoxicity against A2780 cells, and was 42 times more selective against MRC5 cells. Its cytotoxicity against A2780 cells was comparable with that of doxorubicin, but 1,8-cineole was more selective for MRC5 normal cells. Interestingly, 1,8-cineole enhanced apoptosis in A2780, and caused a remarkable dose-dependent increase in preG1 events. Thus, 1,8-cineole has demonstrated promising cytotoxic and proapoptotic properties.