会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

microRNA機械遺伝子多型と着床不全再発との関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Exp Ther Med.2020 Apr;19(4):3113-3123. ETM-0-0-8556. doi: 10.3892/etm.2020.8556.Epub 2020-02-26.

microRNA機械遺伝子多型と着床不全再発との関連性

Association between microRNA machinery gene polymorphisms and recurrent implantation failure.

  • Yubin Lee
  • Eun Hee Ahn
  • Chang Soo Ryu
  • Jung Oh Kim
  • Hui Jeong An
  • Sung Hwan Cho
  • Ji Hyang Kim
  • Young Ran Kim
  • Woo Sik Lee
  • Nam Keun Kim
PMID: 32226488 PMCID: PMC7092926. DOI: 10.3892/etm.2020.8556.

抄録

本研究では、韓国女性における良質な胚が2回以上の受精サイクルを経ても着床しない臨床状態である再発着床不全(RIF)と5つのmiRNA機械遺伝子多型(rs3742330A>G、rs10719T>C、rs14035C>T、rs11077A>C、rs417309G>A)の潜在的な関連性とその危険因子を検討することを目的とした。そこで、本研究では、RIFと診断された患者(n=119)と、少なくとも1回以上の生児を出産し、妊娠喪失歴のない無作為に選ばれた対照者(n=210)を対象に、遺伝子型解析を行い、これらのmiRNA遺伝子多型の頻度を評価した。rs10719T>Cおよびrs14035C>T多型は、RIFの有病率低下と有意に関連していることが同定された。さらに、rs10719TCおよびrs14035CT遺伝子型は、RIF群では対照群に比べて有意に低い頻度で存在した(調整オッズ比0.550;95%CI、0.339-0.893;P=0.016、および調整オッズ比0.590;95%CI、0.363-0.958;P=0.033、それぞれ調整オッズ比0.590;95%CI、0.363-0.958;P=0.033)。さらに、rs14035 CT+TT遺伝子型の組み合わせは、RIF有病率の低下と関連していることが観察された(調整オッズ比=0.616;95%CI、0.386-0.982;P=0.042)。各種miRNA多型の遺伝子型を組み合わせて解析した結果、TC遺伝子型はCT遺伝子型と組み合わせた場合、RIF有病率と非常に有意な負の関連を示した(修正オッズ比=0.314;95%CI, 0.147-0.673;P=0.003;偽発見率調整済みP=0.023)。本研究では、韓国人女性において、rs10719およびrs14035 3'UTR多型とRIFのリスク低下との間に関連があることが明らかになり、これらの遺伝子多型がRIFリスクを予測するための潜在的なマーカーである可能性が示唆された。

The present study aimed to investigate the potential association of five miRNA machinery gene polymorphisms ( rs3742330A>G, rs10719T>C, rs14035C>T, rs11077A>C and rs417309G>A) with recurrent implantation failure (RIF), a clinical condition in which good-quality embryos repeatedly fail to implant following two or more fertilization cycles, and its associated risk factors in Korean women. Therefore, the present study performed genotype analysis and assessed the frequency of these miRNA gene polymorphisms in patients diagnosed with RIF (n=119) and randomly selected controls (n=210) with at least one live birth and no history of pregnancy loss. The rs10719T>C and rs14035C>T polymorphisms were identified to be significantly associated with decreased prevalence of RIF. Additionally, the rs10719 TC and the rs14035 CT genotypes were present at significantly lower frequencies in the RIF group than in the control group (adjusted odds ratio=0.550; 95% CI, 0.339-0.893; P=0.016; and adjusted odds ratio=0.590; 95% CI, 0.363-0.958; P=0.033, respectively). Furthermore, the combined rs14035 CT+TT genotype was observed to be associated with decreased RIF prevalence (adjusted odds ratio=0.616; 95% CI, 0.386-0.982; P=0.042). Genotype combination analysis for the various miRNA polymorphisms revealed that the TC genotype exhibited a highly significant negative association with RIF prevalence when combined with the CT genotype (adjusted odds ratio=0.314; 95% CI, 0.147-0.673; P=0.003; false discovery rate-adjusted P=0.023). The present study revealed an association between the rs10719 and rs14035 3'UTR polymorphisms and decreased risk of RIF in Korean women, which suggests that these gene polymorphisms could represent potential markers for predicting RIF risk.

Copyright: © Lee et al.