会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

インプラント支持下の上顎オーバーデンチャーを安定させるためには何本のインプラントが必要か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Evid Based Dent.2020 03;21(1):28-29. 10.1038/s41432-020-0077-7. doi: 10.1038/s41432-020-0077-7.

インプラント支持下の上顎オーバーデンチャーを安定させるためには何本のインプラントが必要か?

How many implants are necessary to stabilise an implant-supported maxillary overdenture?

  • Carol Guenin
  • Rodrigo Martín-Cabezas
PMID: 32221493 DOI: 10.1038/s41432-020-0077-7.

抄録

データソース Pubmed と EMBASE データベースを 2000 年から 2017 年まで検索し、レビューの参考文献と、インクルージョンの評価対象となったフルテキスト論文を手動で検索して補完した。(i)無作為化臨床試験(RCT)、プロスペクティブまたはレトロスペクティブ研究、上顎インプラント支持オーバーデンチャーでリハビリを行った10名以上の無歯顎患者を含む症例シリーズまたは症例報告、(ii)インプラントの生存率、オーバーデンチャーの生存率、患者からの報告結果のいずれかを分析したもの、(iii)少なくとも2年間の追跡調査を行ったもの、(iv)英語で書かれているもの、とした。分析されたアウトカムの比較は、ノンパラメトリック・フィッシャー検定を用いて、インプラントの数とスプリンティング技術に応じて、対等でないデータを比較した。結果 システマティックレビューには28の研究が含まれていた。インプラントの生存率は、オーバーデンチャーを支持するために4本以上のインプラントを配置した場合、4本未満のインプラントに比べて高いようであった。結論 上顎のオーバーデンチャーを支持するために4本以上のインプラントを埋入するとインプラントの生存率が高くなるようであるが、この結論を確認するためにはさらなる研究が必要である。インプラントの本数によるオーバーデンチャーの生存率や患者満足度の違いは認められなかった。

Data sources Pubmed and EMBASE databases were searched from 2000 to 2017 and complemented by manual searching of the references of reviews and the full-text articles assessed for inclusion.Study selection The inclusion criteria were: (i) Randomised clinical trials (RCT), prospective or retrospective studies, and case series or case reports including at least ten totally edentulous patients rehabilitated with maxillary implant-supported overdenture; (ii) analysed one of the following outcomes: survival rate of the implants, survival rate of the overdenture and patient-reported results; (iii) had at least two years of follow-up; (iv) and were written in English language.Data extraction and synthesis The data extraction was performed by two independent reviewers. The comparison of the analysed outcomes was performed by nonparametric Fisher Test for unpaired data according to the number of implants and to the splinting technique. A meta-analysis was performed for the odds ratio (OR) for implant failure between four splinted implants and more than four splinted implants.Results Twenty-eight studies were included in the systematic review. The survival rate of implants appeared to be higher when at least four implants were placed to support the overdenture, compared to less than four implants. The survival rate of overdentures and the patient satisfaction were not influenced by the number of implants.The metanalysis could only be performed to compare the implant survival rate of a four splinted implants group and more than 4 splinted implants group, without significant differences between both groups (OR = 0.39; 95 % CI: 0.14, 1.14; p = 0.09).Conclusions Although the placement of at least four implants to support a maxillary overdenture seems to report higher implant survival rates, further studies are needed to confirm this conclusion. No differences were found for overdenture survival rates or patient satisfaction according to the number of implants.