国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

分裂した手足奇形の胎児の臨床的特徴と病原性の解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zhonghua Yi Xue Yi Chuan Xue Za Zhi.2020 Apr;37(4):462-466. 940637093. doi: 10.3760/cma.j.issn.1003-9406.2020.04.025.

分裂した手足奇形の胎児の臨床的特徴と病原性の解析

[Clinical feature and pathogenic analysis of a fetus with split hand-foot malformation].

  • Chuang Li
  • Yuan Lyu
  • Rui Hou
  • Caixia Liu
  • Jesse Li-Ling
  • Huan Li
PMID: 32219838 DOI: 10.3760/cma.j.issn.1003-9406.2020.04.025.

抄録

目的:

分割手足奇形(SHFM)を有する胎児の臨床的特徴を解析し、その病因を探る。

OBJECTIVE: To analyze the clinical feature of a fetus with split hand-foot malformation (SHFM) and to explore its etiology.

方法:

胎児の超音波検査所見と胎児のX線検査を検討した。胎児のゲノムコピーナンバーバリエーション(CNV)を次世代シークエンシング(NGS)で解析した。両親は染色体核型解析、NGS、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)を行った。また、異常CNVを含む領域の遺伝子の発現をリアルタイム蛍光定量PCRで測定した。

METHODS: Ultrasonographic finding of the fetus and X-ray examination of the abortus were reviewed. Genomic copy number variations (CNVs) of the fetus was analyzed by next-generation sequencing (NGS). Its parents were subjected to chromosomal karyotyping, NGS and fluorescence in situ hybridization (FISH) assays. Real-time fluorescence quantitative PCR was used to measure the expression of genes from the region containing abnormal CNVs.

結果:

超音波検査とX線検査の結果、胎児の右手と両足がV字型になっており、SFHMを示唆していた。胎児は7q21.3に0.36Mbの欠失を持っていることがNGSの結果から明らかになった。両親のFISHおよびNGS解析は正常であった。リアルタイム蛍光定量PCRの結果、胎児はDYNC1I1遺伝子のシングルコピーを持ち、SEM1、DLX5、DLX6遺伝子のコピー数は正常であった。

RESULTS: Ultrasonography and X-ray revealed that the right hand and both feet of the fetus were in a V-shape, which was suggestive of SFHM. The results of NGS revealed that the fetus has carried a 0.36 Mb deletion at 7q21.3 region. FISH and NGS analysis of both parents were normal. Real-time fluorescence quantitative PCR confirmed that the fetus carried a single copy of DYNC1I1 gene, while the copy numbers of SEM1, DLX5 and DLX6 genes were normal.

結論:

7q21.3のマイクロ欠失は、おそらく胎児のSHFMの根底にあると考えられ、その起源はde novoである。

CONCLUSION: The 7q21.3 microdeletion probably underlies the SHFM of the fetus, which has a de novo origin.