会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

慢性肺アスペルギルス症の診断における血清学的検査の精度.システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(3):e0222738. PONE-D-19-24582. doi: 10.1371/journal.pone.0222738.Epub 2020-03-17.

慢性肺アスペルギルス症の診断における血清学的検査の精度.システマティックレビューとメタアナリシス

Accuracy of serological tests for diagnosis of chronic pulmonary aspergillosis: A systematic review and meta-analysis.

  • Cláudia Elizabeth Volpe Chaves
  • Sandra Maria do Valle Leone de Oliveira
  • James Venturini
  • Antonio Jose Grande
  • Tatiane Fernanda Sylvestre
  • Rinaldo Poncio Mendes
  • Anamaria Mello Miranda Paniago
PMID: 32182249 PMCID: PMC7077827. DOI: 10.1371/journal.pone.0222738.

抄録

慢性肺アスペルギルス症(CPA)は、結核後遺症を持つ患者の既往肺洞に発症する緩徐かつ進行性の疾患であり、高い死亡率と関連している。二重寒天ゲル免疫拡散試験(DID)または対免疫電気泳動(CIE)試験などの血清学的検査は、陽性培養がない場合のCPA診断に日常的に使用されてきた。しかし、これらの検査は酵素結合免疫測定法(ELISA)や様々な方法に取って代わられてきている。本システマティックレビューは、CPA診断におけるELISAの精度と基準検査(DIDおよび/またはCIE)の精度を比較したものである。PRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses)に準拠して実施した。本研究はPROSPEROに登録番号CRD42016046057で登録された。電子データベースMEDLINE(PubMed)、EMBASE(Elsevier)、LILACS(VHL)、コクラン図書館、ISI Web of Scienceを検索した。グレー文献はGoogle Scholarと学会抄録を用いて検索した。CPA患者またはCPA患者からの血清サンプルで、2つの血清学的検査を受けた論文を対象とした。ELISA(指標検査)とIDDおよび/またはCIE(参照検査)の2つの血清学的検査を受けた患者または血清サンプルを対象とした。結果として検査精度を用いた。原著論文は、日付や言語の制限なしに検討した。プールされた感度、特異度、および要約受信機操作特性曲線を推定した。レビューには14研究を含めたが、メタアナリシスには4研究のみが含まれていた。プールされた感度および特異度は ELISA 検査で 0.93 および 0.97 であった。これらの値は参照検査(DIDおよび/またはCIE)では0.64および0.99であった。また,サマリー受信機動作特性曲線の解析では,ELISA検査で0.99,基準検査(DIDおよび/またはCIE)で0.99が得られた.我々のメタアナリシスの結果から,CPAの早期検出においてELISAの診断精度は参照検査(DIDおよび/またはCIE)よりも高いことが示唆された.

Chronic pulmonary aspergillosis (CPA) is a slow and progressive disease that develops in preexisting lung cavities of patients with tuberculosis sequelae, and it is associated with a high mortality rate. Serological tests such as double agar gel immunodiffusion test (DID) or counterimmunoelectrophoresis (CIE) test have been routinely used for CPA diagnosis in the absence of positive cultures. However, these tests have been replaced with enzyme-linked immunoassay (ELISA) and, a variety of methods. This systematic review compares ELISA accuracy to reference test (DID and/or CIE) accuracy in CPA diagnosis. It was conducted according to the Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses (PRISMA). The study was registered in PROSPERO under the registration number CRD42016046057. We searched the electronic databases MEDLINE (PubMed), EMBASE (Elsevier), LILACS (VHL), Cochrane library, and ISI Web of Science. Gray literature was researched using Google Scholar and conference abstracts. We included articles with patients or serum samples from patients with CPA who underwent two serological tests: ELISA (index test) and IDD and/or CIE (reference test). We used the test accuracy as a result. Original articles were considered without a restriction of date or language. The pooled sensitivity, specificity, and summary receiver operating characteristic curves were estimated. We included 14 studies in the review, but only four were included in the meta-analysis. The pooled sensitivities and specificities were 0.93 and 0.97 for the ELISA test. These values were 0.64 and 0.99 for the reference test (DID and/or CIE). Analyses of summary receiver operating characteristic curves yielded 0.99 for ELISA and 0.99 for the reference test (DID and/or CIE). Our meta-analysis suggests that the diagnostic accuracy of ELISA is greater than the reference tests (DID and/or CIE) for early CPA detection.