会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

"賢く選ぶ"認知症診療所におけるアルツハイマー病診断のためのアポリポ蛋白E遺伝子検査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Alzheimers Dis..2020;74(4):1253-1260. JAD190983. doi: 10.3233/JAD-190983.

"賢く選ぶ"認知症診療所におけるアルツハイマー病診断のためのアポリポ蛋白E遺伝子検査

"Choosing Wisely": Apolipoprotein E Genetic Testing for the Diagnosis of Alzheimer's Disease in Dementia Clinics.

  • Hyun Ju Yang
  • Na Ri Kang
  • Young Eun Jung
  • Moon Doo Kim
  • Hyun Ghang Jeong
  • Tae Jin Lee
  • Ji Won Han
  • Ki Woong Kim
  • Joon Hyuk Park
PMID: 32176640 DOI: 10.3233/JAD-190983.

抄録

背景:

アポリポ蛋白E(APOE)ɛ4対立遺伝子のキャリアは、遅発性アルツハイマー病(AD)のリスクが増加しています。しかし、不必要な医学的検査、治療、処置を避けるための「賢く選ぶ」キャンペーンでは、APOE遺伝子検査はADの予測検査として推奨されていません。

BACKGROUND: Apolipoprotein E (APOE) ɛ4 allele carriers have an increased risk of late-onset Alzheimer's disease (AD). However, in the "Choosing Wisely" campaign for avoiding unnecessary medical tests, treatments, and procedures, APOE genetic testing is not recommended as a predictive test for AD.

目的:

本研究の目的は、特定の臨床的状況におけるAPOE遺伝子検査の潜在的価値を調査することであった。

OBJECTIVE: The aim of this study was to investigate the potential value of APOE genetic testing in a specific clinical context.

方法:

韓国版MMSE-DS(Mini-Mental Status Examination for Dementia Screening)のZスコアが-1.5未満の低成績者を保健所から募集した。参加者全員にAPOE遺伝子検査を実施した。認知症の家族歴(FHx)は、1人以上の一親等親族に認知症がある場合に確認された。

METHODS: Subjects with poor performance in the Korean version of the Mini-Mental Status Examination for dementia screening (MMSE-DS) with a Z-score of less than -1.5 were recruited from the public health centers. All participants underwent APOE genetic testing. Family history of dementia (FHx) was confirmed if one or more first-degree relatives had dementia.

結果:

349人の被験者のうち、162人(46.4%)がADと診断された。APOEɛ4対立遺伝子キャリアは、FHxがある群ではFHxがない群に比べてADのリスクがはるかに高かった(OR"Zs_200A"="Zs_200A"15.81、95%CI"Zs_200A"="Zs_200A"2.74-91.21対OR"Zs_200A"="Zs_200A"1.82、95%CI"Zs_200A"="Zs_200A"1.00-3.27、z"Zs_200A"="Zs_200A"2.293、p"Zs_200A"="Zs_200A"0.011)。)APOEɛ4対立遺伝子の感度、特異度、正の予測値、負の予測値は、FHxを持つ群で47.7%、90.9%、91.3%、46.5%であった。

RESULTS: Among 349 subjects, 162 (46.4%) were diagnosed with AD. APOEɛ4 allele carriers had a much higher risk of AD in the group with FHx than in the group without FHx (OR = 15.81, 95% CI = 2.74-91.21 versus OR = 1.82, 95% CI = 1.00-3.27, z = 2.293, p = 0.011). The sensitivity, specificity, positive predictive value, and negative predictive value for the APOEɛ4 allele were 47.7%, 90.9%, 91.3%, and 46.5% in the group with FHx.

結論:

スクリーニング検査の成績が悪く,認知症の家族歴がある対象者に対して,APOE遺伝子検査を実施してADの診断を行うことは賢明な選択であると考えられる。

CONCLUSION: It would be a wise choice to perform the APOE genetic testing for the diagnosis of AD in subjects with poor performance in a screening test and a family history of dementia.