会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

エナメル質マトリックス誘導体の局所適用で歯周再生術後の急性全身炎症を予防。無作為化比較臨床試験。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Clin. Periodontol..2020 Jun;47(6):747-755. doi: 10.1111/jcpe.13270.Epub 2020-03-12.

エナメル質マトリックス誘導体の局所適用で歯周再生術後の急性全身炎症を予防。無作為化比較臨床試験。

Local application of enamel matrix derivative prevents acute systemic inflammation after periodontal regenerative surgery: A randomized controlled clinical trial.

  • Filippo Graziani
  • Marina Peric
  • Urska Marhl
  • Morena Petrini
  • Laura Bettini
  • Maurizio Tonetti
  • Stefano Gennai
PMID: 32163634 DOI: 10.1111/jcpe.13270.

抄録

研究の目的:

本研究の目的は、健康な患者を対象に、エナメル質マトリックス誘導体(EMD)の併用の有無にかかわらず、歯周内骨欠損症(IBD)の外科的治療を急性期反応の観点から比較することであった。

AIM: The aim of this study was to compare surgical treatment of periodontal intra-bony defects (IBD) with or without the adjunct of enamel matrix derivative (EMD) in terms of acute-phase responses in healthy patients.

方法:

歯周炎に罹患した38人の被験者(IDB各1人)を、EMDの有無にかかわらず低侵襲歯周外科手術(MIS)に無作為に割り付けた。ベースライン時と6ヵ月後に歯周パラメータを記録した。血液サンプルは、ベースライン時、治療後1日目、7日目、180"Zs_A0"日目に採取した。

METHODS: Thirty-eight periodontitis-affected subjects, one IDB each, were randomized to minimally invasive periodontal surgery (MIS) with or without EMD. Periodontal parameters were recorded at baseline and 6-months. Blood samples were collected at baseline, 1, 7 and 180 days after treatment.

結果:

EMDを投与したMIS群では、24時間後にC反応性タンパク質(CRP; p"Zs_A0"<"Zs_A0".01)の値が低下し、炎症性の摂動は認められませんでした。逆にMIS群では24時間後に急性炎症反応を示し(p"Zs_A0"<"Zs_A0".05)、7日目にはベースライン値に退行した。EMD群では、術後6ヵ月後にBOPやPPDが残存していない症例が多く(p"Zs_A0"≧"Zs_A0"5mm 6"Zs_A0".05)、術後の歯肉後退は低かった(p"Zs_A0"<"Zs_A0".05)。

RESULTS: At 24 hr, the group treated MIS with EMD showed lower values of C-reactive protein (CRP; p < .01) as no inflammatory perturbation was noticed. Conversely, MIS group resulted in an acute inflammatory response at 24 hr (p < .05) that regressed to its baseline values at day 7. The EMD group showed a higher number of cases without residual BOP or PPD ≥ 5mm 6 months after surgery (p < .05), and post-surgical gingival recession was lower (p < .05).

結論:

外科治療中にEMDを併用すると、術後24時間後に血清CRPがわずかに上昇した。これらの結果から、EMDの全身的な抗炎症作用が示唆された。このパイロット試験では、限界の範囲内で、EMD投与群でより良好な臨床歯周病成績が確認された。NCT03590093.

CONCLUSIONS: The adjunctive application of EMD during surgical treatment resulted in a minor increase in serum CRP 24-hr after surgery. These findings suggest a possible systemic anti-inflammatory effect of EMD. Within its limitations, this pilot trial confirmed better clinical periodontal outcomes in the EMD group. NCT03590093.

© 2020 John Wiley & Sons A/S. Published by John Wiley & Sons Ltd.