国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ノルウェー南部におけるマダニ媒介微生物に対する抗体のヒト血清有病率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ticks Tick Borne Dis.2020 Jul;11(4):101410. S1877-959X(19)30527-8. doi: 10.1016/j.ttbdis.2020.101410.Epub 2020-03-08.

ノルウェー南部におけるマダニ媒介微生物に対する抗体のヒト血清有病率

Human seroprevalence of antibodies to tick-borne microbes in southern Norway.

  • Erik Thomas Thortveit
  • Audun Aase
  • Lizette Balle Petersen
  • Åslaug Rudjord Lorentzen
  • Åse Mygland
  • Unn Ljøstad
PMID: 32156478 DOI: 10.1016/j.ttbdis.2020.101410.

抄録

マダニIxodes ricinusはノルウェー南部の海岸線に広く分布しているが、マダニ媒介微生物へのヒトの曝露に関するデータは少ない。我々は、マダニが多く生息するノルウェーの自治体に住む一般成人集団における、様々なマダニ媒介微生物に対するIgG抗体の血清有病率を評価することを目的とした。ソグネはノルウェーの最南端に位置する海岸沿いの自治体であり、マダニの生息密度が高い。Søgne市に住所を持つ18~69歳の全個人(n=7424)を招待し、血液サンプルを採取してアンケートに回答してもらった。3568人の血液サンプルを分析に供した。すべてのサンプルをBorrelia burgdorferi sensu lato(Bbsl)に対するIgG抗体、および他のマダニ媒介微生物に対するIgG抗体について約1500サンプルを分析した。Bbbslに対する血清IgG抗体は22.0%(785/3568)、マダニ媒介脳炎ウイルス(TBEV)は3.1%(45/1453)、Anaplasma phagocytophilumは11.0%(159/1452)であった。0% (159/1452)、Babesia microtiが2.1% (33/1537)、Bartonella henselae/B. quintanaが0.1% (2/1451)、Rickettsia helvetica/R. conoriiが4.2% (60/1445)であった。A. phagocytophilumおよびR. helvetica/R. conoriiに対する血清IgG抗体は、Bbslに対する血清IgG抗体を持つ人の方が、持たない人よりも有意に多かった(それぞれp=0.010およびp=0.016)。結論として、ノルウェー最南端の海岸沿いの市町村に住む一般成人集団では、Bbslへの曝露率が高いことが示された。この集団はA. phagocytophilum、R. helvetica/R. conorii、B. microtiおよびTBEVにも曝露されているが、B. henselae/B. quintanaにはほとんど曝露されていない。

The tick Ixodes ricinus is widespread along the coastline of southern Norway, but data on human exposure to tick-borne microbes are scarce. We aimed to assess the seroprevalence of IgG antibodies to various tick-borne microbes in the general adult population living in a Norwegian municipality where ticks are abundant. Søgne is a coastline municipality in the southernmost part of Norway, and has a high density of ticks. All individuals aged 18-69 years with residential address in Søgne municipality (n = 7424) were invited to give a blood sample and answer a questionnaire. Blood samples from 3568 individuals were available for analysis. All samples were analyzed for IgG antibodies to Borrelia burgdorferi sensu lato (Bbsl), and around 1500 samples for IgG antibodies to other tick-borne microbes. Serum IgG antibodies to Bbsl were present in 22.0% (785/3568) of the tested samples, tick-borne encephalitis virus (TBEV) in 3.1% (45/1453), Anaplasma phagocytophilum in 11.0% (159/1452), Babesia microti in 2.1% (33/1537), Bartonella henselae/B. quintana in 0.1% (2/1451) and Rickettsia helvetica/R. conorii in 4.2% (60/1445). Serum IgG antibodies to A. phagocytophilum and R. helvetica/R. conorii were significantly more prevalent (p = 0.010 and p = 0.016, respectively) among individuals with serum IgG antibodies to Bbsl than among individuals without. In conclusion, our study showed a high exposure to Bbsl in the general adult population living in a coastline municipality in the southernmost part of Norway. The population is also exposed to A. phagocytophilum, R. helvetica/R. conorii, B. microti and TBEV, but very rarely B. henselae/B. quintana.

Copyright © 2020 Elsevier GmbH. All rights reserved.