国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本人労働者59,021人における残業時間と様々なストレス反応との関連.レトロスペクティブ横断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(3):e0229506. PONE-D-19-24855. doi: 10.1371/journal.pone.0229506.Epub 2020-03-03.

日本人労働者59,021人における残業時間と様々なストレス反応との関連.レトロスペクティブ横断的研究

Association of overtime work hours with various stress responses in 59,021 Japanese workers: Retrospective cross-sectional study.

  • Hiroyuki Kikuchi
  • Yuko Odagiri
  • Yumiko Ohya
  • Yutaka Nakanishi
  • Teruichi Shimomitsu
  • Töres Theorell
  • Shigeru Inoue
PMID: 32126094 PMCID: PMC7053771. DOI: 10.1371/journal.pone.0229506.

抄録

本研究は、日本人労働者を対象とした大規模横断データを用いて、残業時間の長さと様々なストレス反応との関係を明らかにすることを目的としている。本研究の参加者は117社59,021名の日本人労働者である。データ収集は自己申告型質問紙を用いた。ストレス反応の測定には、Brief Job Stress Questionnaireを用い、6つの尺度(「元気がない」、「イライラ」、「疲れ」、「不安」、「抑うつ」、「身体反応」)でストレス反応を測定した。残業時間の長さは、0-20、21-30、31-40、41-50、51-60、61-70、71-80、80時間/月以上に分類した。重線形回帰分析を用いて、ストレス反応と残業時間との関連を、考えられるすべての交絡因子を調整しながら検討した。その結果、残業時間が長い労働者ほど、男女ともに「過敏性」、「疲労」、「不安」、「抑うつ」、「身体反応」が有意に高かった(p-トレンド<0.001)が、男性では残業時間の長さが「元気のなさ」と負の関係にあった(p-トレンド<0.001)。残業時間が61~80時間の男性では、高い疲労感と同時に高い活力を示した。残業時間の長さは、「元気のなさ」を除き、様々なストレス反応と直線的に関連していた。残業時間の長さは、様々な心身性ストレス反応と直線的な関連を示した。しかし、「元気のなさ」は残業時間と一貫して関連していなかった。月間残業時間が61~80時間の男性労働者は、残業時間が短い労働者に比べて活力を感じる可能性が高かった。しかし、このような極端な残業による潜在的な長期的影響は過小評価されるべきではなく、注意が必要である。

This study aims to clarify the relationships between length of overtime work and various stress responses using large-scale cross-sectional data of Japanese workers. This study's participants are 59,021 Japanese workers in 117 companies. Data was collected by self-reporting questionnaire. The Brief Job Stress Questionnaire was used to measure stress responses on six scales (i.e. "lack of vigor", "irritability", "fatigue", "anxiety", "depression", and "somatic responses"). Length of overtime work hours were classified as 0-20, 21-30, 31-40, 41-50, 51-60, 61-70, 71-80, and >80 hours/month. Multiple linear regression analyses were used to examine the association of stress responses with overtime while adjusting all possible confounders. In result, workers with longer overtime showed significantly higher "irritability", "fatigue", "anxiety", "depression", and "somatic responses" for both genders (p-for-trend <0.001), however, length of overtime was negatively associated with "lack of vigor" among men (p-for-trend <0.001). Men with 61-80 hours of overtime showed high fatigue with high vigor at the same time. Length of overtime was linearly associated with various stress responses, except for "lack of vigor". Length of overtime shows linear associations with various psychosomatic stress responses. However, "lack of vigor" was not consistently associated with overtime. Male workers with 61-80 hours of monthly overtime were more likely to feel vigorous than workers with shorter overtime. However, potential longterm effects of such extreme overtime should not be underestimated and must be paid attention to.