国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

チオプリンファーマコゲノミクスの小児科での臨床応用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr. Drug Metab..2020;21(1):53-62. CDM-EPUB-104964. doi: 10.2174/1389200221666200303113456.

チオプリンファーマコゲノミクスの小児科での臨床応用

Clinical Application of Thiopurine Pharmacogenomics in Pediatrics.

  • Sonja Pavlovic
  • Nikola Kotur
  • Biljana Stankovic
  • Vladimir Gasic
  • Marianna Lucafo
  • Giuliana Decorti
  • Branka Zukic
PMID: 32124692 DOI: 10.2174/1389200221666200303113456.

抄録

背景:

チオプリン系薬剤は小児疾患の治療に使用されます。これらの薬剤の代謝における個人差は、チオプリン誘発毒性および治療失敗のリスクに大きく影響する。これらの違いは、患者間のゲノム、エピゲノム、トランスクリプトームのばらつきの結果である。ファーマコゲノミクスは、患者の特定の遺伝的特徴に応じて治療を個別化することを目的としている。チオプリン系薬剤に基づく治療プロトコールは、小児臨床でのファーマコゲノミクスの応用により、すでに改善されている。

BACKGROUND: Thiopurine drugs are used for the treatment of pediatric diseases. Inter-individual differences in the metabolism of these drugs greatly influence the risk of thiopurine induced toxicity and therapy failure. These differences are the consequence of genomic, epigenomic and transcriptomic variability among patients. Pharmacogenomics aims to individualize therapy according to the specific genetic signature of a patient. Treatment protocols based on thiopurine drugs have already been improved by applying pharmacogenomics in pediatric clinical practice.

目的:

このレビューの目的は、急性白血病、さまざまな種類の自己免疫疾患や炎症性疾患を患う小児患者、および移植後のケアにおけるチオプリンファーマコゲノミクスの応用についてまとめることであった。

OBJECTIVE: The aim of this review was to summarize the application of thiopurine pharmacogenomics in pediatric patients suffering from acute leukemias, different types of autoimmune and inflammatory diseases, as well as in posttransplant care.

方法:

我々はPubMed/Medlineデータベースを検索し、小児疾患に臨床的に関連するチオプリンファーマコゲノミクスマーカーを同定した。

METHODS: We searched PubMed/Medline database to identify thiopurine pharmacogenomic markers clinically relevant in pediatric diseases.

結果:

TPMTおよびNUDT15ファーマコゲノミクス検査は小児科診療で行われており、チオプリン誘発毒性の低減に貢献している。チオプリン治療の最適化に関連する多数の新規ファーマコゲノミクスマーカーに関するデータはまだ議論の余地がある(ITPA, ABCC4, NT5C2, PRPS1, GSTM1, FTO遺伝子変異)。小児科におけるチオプリンの薬物動態学に関するエビデンスの多くは、急性リンパ芽球性白血病や炎症性腸疾患の研究から得られたものである。その他の小児疾患である急性骨髄性白血病、非ホジキンリンパ腫、若年性特発性関節炎、アトピー性皮膚炎、若年性自己免疫性肝炎、腎移植などについては、まだデータが少ないのが現状です。

RESULTS: TPMT and NUDT15 pharmacogenomic testing is done in pediatric care, contributing to the reduction of thiopurine induced toxicity. Data on numerous novel potential pharmacogenomic markers relevant for optimization of thiopurine treatment are still controversial (ITPA, ABCC4, NT5C2, PRPS1, GSTM1, FTO gene variants). Majority of evidences regarding thiopurine pharmacogenomics in pediatrics have been acquired by studying acute lymphoblastic leukemia and inflammatory bowel disease. For other pediatric diseases, namely acute myeloid leukemia, non-Hodgkin lymphoma, juvenile idiopathic arthritis, atopic dermatitis, juvenile autoimmune hepatitis and renal allograft transplantation, data are still scarce.

結論:

チオプリンファーマコゲノミクスは、小児科におけるファーマコゲノミクスの成功例の一つであることが示されている。

CONCLUSION: Thiopurine pharmacogenomics has shown to be one of the best examples of successful application of pharmacogenomics in pediatrics.

Copyright© Bentham Science Publishers; For any queries, please email at epub@benthamscience.net.