国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ウガンダにおけるヘビ咬傷の治療に用いられる抗生物質植物:民族植物学的報告と薬理学的証拠 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Trop Med Health.2020;48:6. 187. doi: 10.1186/s41182-019-0187-0.Epub 2020-02-11.

ウガンダにおけるヘビ咬傷の治療に用いられる抗生物質植物:民族植物学的報告と薬理学的証拠

Antivenin plants used for treatment of snakebites in Uganda: ethnobotanical reports and pharmacological evidences.

  • Timothy Omara
  • Sarah Kagoya
  • Abraham Openy
  • Tom Omute
  • Stephen Ssebulime
  • Kibet Mohamed Kiplagat
  • Ocident Bongomin
PMID: 32071543 PMCID: PMC7014759. DOI: 10.1186/s41182-019-0187-0.

抄録

ヘビ咬症はウガンダの農村部における深刻な公衆衛生上の懸念である。スネークバイトは、ほとんどが伝統的な治療家が治療のための第一線の防衛であることに終わる農村部の設定で発生するため、ウガンダではあまり文書化されています。ウガンダでの民族植物学的調査では、いくつかの植物が様々なヘビ毒の活性を拮抗するために使用されていることが報告されています。このレビューは、ウガンダの抗毒素植物とその使用を支持するいくつかの薬理学的証拠を特定するために求められた。多分野のデータベースを用いた文献調査の結果、ウガンダでは65属42科に属する77種の植物がヘビ咬傷の治療に使用されていることが明らかになった。これらの種の大部分は、マメ科(31%)、トウダイグサ科(14%)、キク科(12%)、キク科(10%)、キク科(10%)、キク科(10%)に属している。主な生育習慣は、低木(41%)、樹木(33%)、ハーブ(18%)である。抗生物質の抽出物は通常、根(54%)と葉(23%)から煎じ薬、煎じ薬、粉末、ジュースなどで調製され、経口投与(67%)または局所適用(17%)される。最も頻繁に遭遇した種は、 , , , , , および .世界的に試験された抗生物質の活性が報告されている種には、 , , , , , および .が含まれています。

Snakebite envenomation is a serious public health concern in rural areas of Uganda. Snakebites are poorly documented in Uganda because most occur in rural settings where traditional therapists end up being the first-line defense for treatment. Ethnobotanical surveys in Uganda have reported that some plants are used to antagonize the activity of various snake venoms. This review was sought to identify antivenin plants in Uganda and some pharmacological evidence supporting their use. A literature survey done in multidisciplinary databases revealed that 77 plant species belonging to 65 genera and 42 families are used for the treatment of snakebites in Uganda. The majority of these species belong to family Fabaceae (31%), Euphorbiaceae (14%), Asteraceae (12%), Amaryllidaceae (10%) and Solanaceae (10%). The main growth habit of the species is shrubs (41%), trees (33%) and herbs (18%). Antivenin extracts are usually prepared from roots (54%) and leaves (23%) through decoctions, infusions, powders, and juices, and are administered orally (67%) or applied topically (17%). The most frequently encountered species were , , , , and . Species with global reports of tested antivenom activity included , , and There is need to identify and evaluate the antivenom compounds in the claimed plants.

© The Author(s) 2020.