国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

食道悪性閉塞の緩和における放射性栄養チューブの使用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Radiol Med.2020 Jun;125(6):544-550. 10.1007/s11547-020-01151-9. doi: 10.1007/s11547-020-01151-9.Epub 2020-02-15.

食道悪性閉塞の緩和における放射性栄養チューブの使用

Radioactive feeding tube in the palliation of esophageal malignant obstruction.

  • Yonghua Bi
  • Xiaoyan Zhu
  • Zepeng Yu
  • Dechao Jiao
  • Mengfei Yi
  • Xinwei Han
  • Jianzhuang Ren
PMID: 32062758 DOI: 10.1007/s11547-020-01151-9.

抄録

目的:

悪性食道閉塞症の治療に放射性栄養チューブを用いて栄養補給とブラキセラピーを両立させた。その安全性と有効性について報告する。

PURPOSE: A radioactive feeding tube was used to achieve both nutrition and brachytherapy for the treatment for malignant esophageal obstruction. We report the safety and effectiveness of this technique.

方法:

2015年1月から2018年3月までに本手技を採用した16例の連続症例を対象にレトロスペクティブ解析を行った。I 種子鎖を給餌管に結合させて放射性給餌管を作製した。透視下で、種子鎖が悪性食道閉塞のセグメント上を横断するようにして、閉塞した食道にチューブを挿入した。技術的成功率、嚥下障害スコア、手術時間、合併症を分析した。生存期間の解析にはKaplan-Meier解析を用いた。

METHODS: We conducted a retrospective analysis of 16 consecutive patients who employed this technique from January 2015 to March 2018. The radioactive feeding tube was made by binding the I seed chain on the feeding tube. Under fluoroscopic guidance, the tube was inserted into the obstructed esophagus, with the seed chain crossing over the segment of malignant esophageal obstruction. Technical success rate, dysphagia score, procedure time and complications were analyzed. Kaplan-Meier analysis was used to analyze the survival time.

結果:

放射性栄養チューブは準備が容易であった。技術的な成功率は100%であり、出血や感染などの重大な合併症はなかった。チューブ挿入時間の中央値は44.0分であった。チューブ挿入後、KamofskyスコアとNeuhaus嚥下障害等級は有意に改善した(p<0.01)。食道X線撮影では造影剤は狭窄部をスムーズに通過した。14例で局所腫瘍の完全寛解(n=1)と部分寛解(n=13)が得られ,局所腫瘍コントロール率は87.5%(14/16)であった。追跡期間中、明らかな臨床症状を伴わずに生存した患者は4例、がんで死亡した患者は10例であった。生存期間中央値は12.0ヶ月であった。

RESULTS: The radioactive feeding tube was easy to prepare. The technical success rate was 100%, without serious complications such as bleeding or infection. The median procedure time of tube insertion was 44.0 min. The Kamofsky score and Neuhaus dysphagia grading were significantly improved after tube insertion (p < 0.01). On esophageal radiography, the contrast agent passed through the narrow area smoothly. Complete remission (n = 1) and partial remission (n = 13) of local tumor were obtained in 14 patients, and the local tumor control rate was 87.5% (14/16). During follow-up, four patients survived with no obvious clinical symptom and 10 patients died of cancer. The median survival was 12.0 months.

結論:

放射性栄養チューブの準備は簡単で簡単です。このようなチューブを挿入することにより、非経口栄養とブラキセラピーを同時に行うことができ、悪性食道狭窄の嚥下障害緩和に安全かつ効果的である。また、患者が他の治療を拒否した場合には、放射線放射線治療が代替手段となる可能性があります。

CONCLUSION: Preparation of the radioactive feeding tube is simple and easy. The insertion of this kind of tube achieves parenteral nutrition and brachytherapy simultaneously and is safe and effective in dysphagia palliation of malignant esophageal stricture. The radiological-radiotherapeutic procedure could be an alternative tool in the case of refusing other treatments by the patients.