会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

糖尿病と習慣的身体活動の欠如の複合は日本人の機能障害の危険因子である | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMJ Open Diabetes Res Care.2020 01;8(1). e000901. doi: 10.1136/bmjdrc-2019-000901.

糖尿病と習慣的身体活動の欠如の複合は日本人の機能障害の危険因子である

Combination of diabetes mellitus and lack of habitual physical activity is a risk factor for functional disability in Japanese.

  • Kazuya Fujihara
  • Yasuhiro Matsubayashi
  • Mayuko Harada Yamada
  • Masaru Kitazawa
  • Masahiko Yamamoto
  • Masanori Kaneko
  • Satoru Kodama
  • Takuya Yahiro
  • Ayumu Tsutsui
  • Kiminori Kato
  • Hirohito Sone
PMID: 32049629 PMCID: PMC7039616. DOI: 10.1136/bmjdrc-2019-000901.

抄録

目的:

機能障害による健康寿命の低下は、生活の質の低下と関連しており、社会経済的にも大きな影響を及ぼすため、重要かつ緊急の課題となっている。本研究の目的は,地域居住者である日本人成人を対象に,糖尿病,高血圧,脂質異常症,身体活動習慣が機能障害に及ぼす影響を検討することである。

OBJECTIVE: Declining healthy life expectancy due to functional disability is relevant and urgent because of its association with decreased quality of life and also for its enormous socioeconomic impact. The aim of this study is to examine the impact of diabetes, hypertension, dyslipidemia and physical activity habits on functional disability among community-dwelling Japanese adults.

研究デザインと方法:

日本の39~98歳の9673人(男性4420人)を対象とした集団ベースのレトロスペクティブコホート研究である。機能障害は、介護者や支援機器による日常生活動作の支援が必要な日本の新しい介護保険の認定要件を満たしている状態と定義した。Cox比例ハザード回帰モデルにより、機能障害に関連する変数を同定した。

RESEARCH DESIGN AND METHODS: This is a population-based retrospective cohort study including 9673 people aged 39-98 years in Japan (4420, men). Functional disability was defined as a condition meeting Japan's new long-term care insurance certification requirements for the need of assistance in the activities of daily living whether by caregivers or assistive devices. Cox proportional-hazards regression model identified variables related to functional disability.

結果:

追跡期間中央値は3.7年であった。研究期間中、研究集団全体で165件の障害が発生した。多変量解析の結果、糖尿病(HR 1.74(95%CI 1.12~2.68))と身体活動習慣のない人(HR 1.83(1.27~2.65))は障害のリスクが高いことが示された。障害のHRは危険因子の数が多いほど増加した(4つの条件を有する個人のHRは3.96(1.59~9.99) vs 参考にした条件を有しない個人のHRは3.96(1.59~9.99))。身体活動習慣のある糖尿病患者とない糖尿病患者の障害のHRは、身体活動習慣のない糖尿病患者と比較して、それぞれ1.68(0.70~4.04)および3.19(1.79~5.70)であった。

RESULTS: Median follow-up was 3.7 years. During the study period, 165 disabilities occurred in the overall study population. Multivariate analysis showed that diabetes (HR 1.74 (95% CI 1.12 to 2.68)) and no physical activity habit (HR 1.83 (1.27 to 2.65)) presented increased risks for disability. HR for disability increased with the number of risk factors (HR of individuals with four conditions, 3.96 (1.59 to 9.99) vs individuals with none of those conditions as a reference). HR for disability among patients with diabetes with and without a physical activity habit was 1.68 (0.70 to 4.04) and 3.19 (1.79 to 5.70), respectively, compared with individuals without diabetes with a physical activity habit.

結論:

糖尿病と習慣的身体活動の欠如の組み合わせは日本人の機能障害を予測する。習慣的な身体活動は糖尿病患者の機能障害のリスクを軽減する。

CONCLUSIONS: The combination of diabetes and lack of habitual physical activity is predictive of functional disability in Japanese. Habitual physical activity attenuates the risk of functional disability in patients with diabetes.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.