国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

髄膜腫に対する放射線手術後の症候性腹膜浮腫に対するレーザー間質性温熱療法 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
World Neurosurg.2020 Apr;136:295-300. S1878-8750(20)30161-3. doi: 10.1016/j.wneu.2020.01.143.Epub 2020-01-27.

髄膜腫に対する放射線手術後の症候性腹膜浮腫に対するレーザー間質性温熱療法

Laser Interstitial Thermotherapy for Treatment of Symptomatic Peritumoral Edema After Radiosurgery for Meningioma.

  • Christopher S Hong
  • Jason M Beckta
  • Adam J Kundishora
  • Aladine A Elsamadicy
  • Veronica L Chiang
PMID: 32001396 DOI: 10.1016/j.wneu.2020.01.143.

抄録

背景:

症候性胸膜周囲浮腫(PTE)は、髄膜腫の放射線外科的治療後の合併症として知られている。ほとんどの患者の浮腫は、コルチコステロイド療法またはベバシズマブで保存的に管理できるが、医学的に難治性の症例の中には、可能な場合には根底にある病変の外科的切除を必要とするものもある。レーザー間質性温熱療法(LITT)は、放射線壊死の治療に有効な治療法として注目されており、その最大の効果は腹膜浮腫のコントロールにある。

BACKGROUND: Symptomatic peritumoral edema (PTE) is a known complication after radiosurgical treatment of meningiomas. Although the edema in most patients can be successfully managed conservatively with corticosteroid therapy or bevacizumab, some medically refractory cases may require surgical resection of the underlying lesion when feasible. Laser interstitial thermotherapy (LITT) continues to gain traction as an effective therapeutic modality for the treatment of radiation necrosis where its biggest impact is through the control of peritumoral edema.

症例説明:

56歳の女性が神経線維腫症2の症状を呈し、左前頭側頭前部の病変が再生しており、以前に放射線治療を受けた後、グレードIの髄膜腫の再発が確認されて切除され、病変の再発のために再度放射線治療を受けた。創部感染症の合併症を含む2回の開頭手術の既往歴を考慮すると、彼女はさらなる開放外科的切除の候補者ではなかった。保存的管理に失敗したため、術中生検でグレードIの髄膜腫が確認され、LITTを受けた。術後にはX線写真上でPTEが連続的に減少し、症状が改善した。

CASE DESCRIPTION: A 56-year-old woman with neurofibromatosis 2 presented with a symptomatic, regrowing left frontotemporal lesion that had previously been radiated, then resected with confirmed recurrence of grade I meningioma, and subsequently radiated again for lesion recurrence. Given her history of 2 prior same-side craniotomies, including a complication of wound infection, she was not a candidate for further open surgical resection. Having failed conservative management, she underwent LITT with intraoperative biopsy demonstrating viable grade I meningioma. Postoperatively, she demonstrated radiographic marked, serial reduction of PTE and experienced resolution of her symptoms.

結論:

この症例は、内科的治療が奏効せず外科的介入を必要とする症候性PTEを有する髄膜腫患者に対して、LITTが代替治療として有効である可能性を示している。

CONCLUSIONS: This case demonstrates that LITT may be a viable alternative treatment for patients with meningioma with symptomatic PTE who have failed medical therapy and require surgical intervention.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.