国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

米国の大規模な保険金請求データベースにおけるチフス群リケッチオーズの臨床診断の傾向 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zoonoses Public Health.2020 05;67(3):291-299. doi: 10.1111/zph.12687.Epub 2020-01-26.

米国の大規模な保険金請求データベースにおけるチフス群リケッチオーズの臨床診断の傾向

Trends in clinical diagnoses of typhus group rickettsioses among a large U.S. insurance claims database.

  • Cara C Cherry
  • Alison M Binder
PMID: 31984654 DOI: 10.1111/zph.12687.

抄録

チフス群リケッチオーズ(TGR)は、ネズミ性チフス(Rickettsia typhi)と流行性チフス(R.prowazekii)を含む媒介性疾患である。20世紀の公衆衛生上の介入により発生率は劇的に減少したが、いずれの疾患も全国的に告知されていないため、現代のTGRの有病率についてはほとんど知られていない。我々は、民間の被保険者集団における行政請求データを要約し、TGRの受診の傾向を検討した。2003年から2016年までのIBM® MarketScan® Commercial Databasesのデータを分析し、国際疾病分類(International Classification of Diseases, Ninth or Tenth Revision, Clinical Modification TGR)のTGR固有のコードを持つ入院患者または外来患者を特定しました。インシデント診断に関連する疫学的特徴をまとめた。TGRと診断された患者1,799人を同定した。患者は46州に居住しており、そのほとんどが女性であった(n=1,019/1,799;56.6%)。TGRは流行性チフス(n=931/1,799、51.8%)が最も多く、次いでマウスチフス(n=722/1,799、40.1%)であった。TGR患者の大多数は外来で診断された(n=1,725/1,799:95.9%)が,入院患者の中では大多数がマウスチフスと診断された(n=67/74:90.5%).TGRは稀に診断される疾患である。R.prowazekiiの感染にはシラミやトビリスへの曝露が必要であるにもかかわらず、ネズミチフスよりも流行性チフスと診断された患者の方が多かった。歴史的にチフスの診断範囲が認められているにもかかわらず、すべての地域の患者がネズミ性チフスと流行性チフスと診断されていた。保険金請求データと過去の TGRs データの疫学的なずれは、全国的なサーベイランスデータが存在しない場合に代理として機能する適切な代替データソースを見つけるという課題を浮き彫りにしている。

Typhus group rickettsioses (TGRs) are vector-borne diseases that include murine typhus (Rickettsia typhi) and epidemic typhus (R. prowazekii). Twentieth-century public health interventions led to dramatic decreases in incidence; little is known about the contemporary TGR prevalence because neither disease is nationally notifiable. We summarized administrative claims data in a commercially insured population to examine trends in TGR medical encounters. We analysed data from 2003 to 2016 IBM® MarketScan® Commercial Databases to identify persons with inpatient or outpatient visits with an International Classification of Diseases, Ninth or Tenth Revision, Clinical Modification TGR-specific code. We summarized epidemiologic characteristics associated with incident diagnosis. We identified 1,799 patients diagnosed with a TGR. Patients resided in 46 states, and most were female (n = 1,019/1,799; 56.6%); the median age was 42 years (range: 0-64 years). Epidemic typhus (n = 931/1,799; 51.8%) was the most common TGRs, followed by murine typhus (n = 722/1,799; 40.1%). The majority of TGR patients were diagnosed in an outpatient setting (n = 1,725/1,799; 95.9%); among hospitalized patients, the majority received a murine typhus diagnosis (n = 67/74; 90.5%). TGRs are rarely diagnosed diseases. More patients were diagnosed with epidemic than murine typhus, even though R. prowazekii transmission requires body louse or flying squirrel exposure. Patients from all geographic regions were diagnosed with murine and epidemic typhus, despite historically recognized ranges for these diseases. The epidemiologic misalignment of insurance claims data versus historic TGRs data highlights the challenges of finding appropriate alternative data sources to serve as a proxy when national surveillance data do not exist.

Published 2020. This article is a U.S. Government work and is in the public domain in the USA.