会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Achillea abrotanoides (Vis.) Vis.からの新しいロンギピナンケトン:精油の化学変換により、マイナーな成分の同定が可能になった | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Phytochem Anal.2020 Jul;31(4):501-515. doi: 10.1002/pca.2913.Epub 2020-01-24.

Achillea abrotanoides (Vis.) Vis.からの新しいロンギピナンケトン:精油の化学変換により、マイナーな成分の同定が可能になった

A new longipinane ketone from Achillea abrotanoides (Vis.) Vis.: chemical transformation of the essential oil enables the identification of a minor constituent.

  • Niko S Radulović
  • Marko Z Mladenović
  • Milenko N Ristić
  • Vidoslav S Dekić
  • Biljana R Dekić
  • Novica R Ristić
PMID: 31981276 DOI: 10.1002/pca.2913.

抄録

序論:

マイナーな植物成分は、単離や信頼性の高いスペクトルデータの取得が困難なため、同定が困難である。エッセンシャルオイルには、そのようなマイナーな成分が豊富に含まれており、そのような成分は(例えば、嗅覚)特性にとって重要である可能性があります。新しい微量成分の存在は、通常、ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)分析から推測されますが、質量スペクトルと保持データしか得られず、同定には不十分です。

INTRODUCTION: Minor plant constituents are difficult to identify due to the challenging isolation and acquiring of reliable spectral data. Essential oils abound in such minor constituents that might be of high importance for their (e.g. olfactory) properties. The presence of new minor constituents is usually inferred from gas chromatography mass spectrometry (GC-MS) analyses that provide only a mass spectrum and retention data, which are insufficient to allow a positive identification.

目的:

アキレア・アブロタノイド(Achillea abrotanoides)の精油のマイナーな未知の成分を同定するために(Vis.(キク科)の精油に含まれるマイナーな未知の成分を同定すること。

OBJECTIVE: To identify a minor unknown constituent of the essential oil of Achillea abrotanoides (Vis.) Vis. (Asteraceae).

方法論:

本研究では、粗精油サンプルに直接行った化学変換(酸化および還元)を応用し、その後、分取クロマトグラフィーおよび詳細なスペクトル分析を行い、前記サンプルから新しいロンギピナンケトンを同定することを目的とする。

METHODOLOGY: The application of chemical transformations (oxidation and reduction) performed directly on crude essential-oil samples, followed by preparative chromatography and detailed spectral analysis, to identify a new longipinane ketone from the mentioned sample.

結果:

精油のGC-MS分析の結果、他の成分の中で、GCピーク面積の2.5%を占める既知の希少なロンギピナンアルコール(α-ロンギピネン-7β-オール)と、関連する未同定の酸素化セスキテルペン(3.8%)の存在が明らかになった。これらのマススペクトルの解釈は、未同定のものがα-longipinen-7-oneを表すことができるという仮定に導かれた。クロロクロム酸ピリジニウムによる精油サンプル全体の酸化により、化合物間の仮定された関係が確認され、ケトンを含む単純化された濃縮混合物が得られた(約16%)。ケトンのクロマトグラフィーによる簡単な分離に続いて、核磁気共鳴(NMR) (1次元および2次元)、赤外(IR)およびMSによる構造の確認を行った。

RESULTS: GC-MS analyses of the essential oil revealed, among other constituents, the presence of a known rare longipinane alcohol (α-longipinen-7β-ol) representing 2.5% of the total GC-peak areas, and a related unidentified oxygenated sesquiterpene (3.8%). Interpretation of their mass spectra led to an assumption that the unidentified one could represent α-longipinen-7-one. Oxidation of the entire essential-oil sample by pyridinium chlorochromate confirmed the assumed relationship among the compounds and gave a simplified enriched mixture containing the ketone (ca. 16%). A straightforward chromatographic separation of the ketone was followed by corroboration of its structure by nuclear magnetic resonance (NMR) (one- and two-dimensional), infrared (IR) and MS.

結論:

粗精油の化学変換、クロマトグラフィー分離、詳細なスペクトル分析を補完的に使用することで、新しい天然物の同定において、より一般的な応用が可能になる可能性がある。

CONCLUSIONS: The complementing use of chemical transformations of crude essential oils, chromatographic separations, and detailed spectral analysis could have a more general application in the identification of new natural products.

© 2020 John Wiley & Sons, Ltd.