会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

顎切除術後の咀嚼機能のパイロット研究として、人工関節を用いたリハビリテーションと、デジタル計画されたプレハブで自由な血管化された腓骨フラップを用いた再建を比較しました | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Prosthet Dent.2020 Jan;S0022-3913(19)30413-5. doi: 10.1016/j.prosdent.2019.06.005.Epub 2020-01-17.

顎切除術後の咀嚼機能のパイロット研究として、人工関節を用いたリハビリテーションと、デジタル計画されたプレハブで自由な血管化された腓骨フラップを用いた再建を比較しました

A pilot study of masticatory function after maxillectomy comparing rehabilitation with an obturator prosthesis and reconstruction with a digitally planned, prefabricated, free, vascularized fibula flap.

  • Reilly J de Groot
  • Jana M Rieger
  • Antoine J W P Rosenberg
  • Matthias A W Merkx
  • Caroline M Speksnijder
PMID: 31959395 DOI: 10.1016/j.prosdent.2019.06.005.

抄録

問題提起:

上顎摘出術後の口腔リハビリテーションは、補綴的閉塞術または遊離腓骨フラップを用いて行うことができる。大きな上顎骨切除術の欠損部の補綴的閉塞を成功させることは困難であり、このような患者では咀嚼機能が危険にさらされている。外科的再建により適切な咀嚼機能が得られる可能性があるが、文献にはこの問題に関するエビデンスが不足している。

STATEMENT OF PROBLEM: Oral rehabilitation after maxillectomy can be performed by prosthetic obturation or with a free fibula flap. Successful prosthetic obturation of large maxillectomy defects can be difficult, and masticatory function is at risk in these patients. Surgical reconstruction might provide adequate masticatory function, but the literature is lacking evidence regarding this topic.

目的:

このパイロット臨床研究の目的は、ローナー再建術またはアルバータ再建術を用いて再建された上顎剥離術後の患者の咀嚼機能および健康関連QOL(HR-QoL)の転帰を評価し、オ ブツレータプロテーゼを用いてリハビリを行った患者と転帰を比較することであった。

PURPOSE: The purpose of this pilot clinical study was to assess masticatory functions and health-related quality of life (HR-QoL) outcomes in patients after maxillectomy reconstructed by using the Rohner or the Alberta Reconstructive Technique and to compare outcomes with patients rehabilitated with an obturator prosthesis.

材料および方法:

混合能力,最大咬合力,最大口角,HR-QoLを評価した.2群間の差は、連続変数についてはKruskal-Wallis検定、カテゴリカル変数についてはカイ二乗検定を用いて分析した。

MATERIAL AND METHODS: Mixing ability, maximum bite force, maximum mouth opening, and HR-QoL were assessed. Differences between the 2 groups were analyzed by using the Kruskal-Wallis tests for continuous variables and chi-squared tests for categorical variables.

結果:

再建群(n=11)では、混合能力、咬合力(非手術側)、全体的な平均HR-QoLが良好であった。非再構築群(n=13)は、最大口角、全体的な平均咬合力、手術側の咬合力、およびほとんどのHR-QoL質問票領域において再構築群と差はなかった。

RESULTS: The reconstructed patients (n=11) showed better mixing ability, bite force (nonoperated side), and overall mean HR-QoL. The nonreconstructed group (n=13) did not differ from the reconstructed groups in terms of maximum mouth opening, overall mean bite force, bite force on the operated side, and most HR-QoL questionnaire domains.

結論:

上顎骨再建は、上顎骨切除術を受けた患者の咀嚼能力に有益であるかもしれない。混合能力、咬合力(非手術側)、HR-QoLに関して上顎欠損部の再建が有益である可能性を支持するために、より大規模な研究が正当化されるべきである。

CONCLUSIONS: Maxillary reconstruction might be beneficial for masticatory performance in patients undergoing maxillectomy. A larger study is justified to support the possible benefit of the reconstruction of maxillary defects regarding mixing ability, bite force (nonoperated side), and HR-QoL.

Copyright © 2019 Editorial Council for the Journal of Prosthetic Dentistry. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.