会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

自己免疫性甲状腺疾患を有する若年者におけるIL2RA遺伝子プロモーター内のDNAメチル化解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur. J. Clin. Invest..2020 Mar;50(3):e13199. doi: 10.1111/eci.13199.Epub 2020-01-30.

自己免疫性甲状腺疾患を有する若年者におけるIL2RA遺伝子プロモーター内のDNAメチル化解析

DNA methylation analysis within the IL2RA gene promoter in youth with autoimmune thyroid disease.

  • Ioannis Kyrgios
  • Aikaterini Fragou
  • Eleni P Kotanidou
  • Konstantina Mouzaki
  • Smaragda Efraimidou
  • Georgios Tzimagiorgis
  • Assimina Galli-Tsinopoulou
PMID: 31943147 DOI: 10.1111/eci.13199.

抄録

背景:

インターロイキン-2受容体(IL2RA)のαサブユニットはT細胞機能の調節に関与しており、自己免疫性甲状腺疾患(AITD)と関連している。正確なメカニズムは完全には解明されていないが、プロモーターのメチル化が遺伝子発現の違いを説明する可能性がある。本研究の目的は、若年のAITD患者におけるIL2RA遺伝子プロモーター内のDNAメチル化の割合に違いがあるかどうかを調べることであった。

BACKGROUND: Alpha-subunit of the interleukin-2 receptor (IL2RA) is involved in the regulation of T-cell function and has been related to autoimmune thyroid disease (AITD). Although the exact mechanisms are not fully understood, promoter methylation might account for differences in gene expression. The aim of this study was to investigate whether there are differences in the percentage of DNA methylation within the IL2RA gene promoter in young patients with AITD.

材料と方法:

クロスセクションデザインにおいて、橋本甲状腺炎患者を含むAITD患者149名の小児および青年の血液サンプルから分離された改変ゲノムDNA中のIL2RA遺伝子プロモーターのDNAメチル化の存在をリアルタイムPCRおよび融解曲線分析により定量化した。橋本甲状腺炎(ΗΤ)患者(n=60)、バセドウ病(GD)患者(n=9)、HTと1型糖尿病(T1DM+HT)の同時診断患者(n=25)、および健常対照者(n=55)を含む、AITDを有する小児および青年149人の血液サンプルから分離したゲノムDNAを解析した。

MATERIALS AND METHODS: In a cross-sectional design, the presence of DNA methylation in the IL2RA gene promoter was quantified, by real-time PCR and melting curve analysis, in modified genomic DNA isolated from blood samples of a total of 149 children and adolescents with AITD, including patients with Hashimoto thyroiditis (ΗΤ) (n = 60), Graves' disease (GD) (n = 9), concurrent diagnosis of HT and type 1 diabetes (T1DM + HT) (n = 25), and healthy controls (n = 55).

結果:

IL2RA遺伝子プロモーターにおけるDNAメチル化の割合は、GD患者(26.0±4.2%)では有意に減少したが、HT患者(36.3±1.4%)では対照群(41.3±1.5%)と比較して有意に減少しなかった。

RESULTS: The percentage of DNA methylation in the IL2RA gene promoter was significantly decreased in patients with GD (26.0 ± 4.2%) but not in those with HT (36.3 ± 1.4%) in comparison with controls (41.3 ± 1.5%).

結論:

GD患者で観察されたIL2RA遺伝子プロモーターのDNAハイポメチル化は、IL2RA遺伝子の発現増加と関連している可能性があり、小児期および青年期のGDの病因に寄与していると考えられます。

CONCLUSIONS: The observed DNA hypomethylation in the IL2RA gene promoter in patients with GD might be related to its increased expression, thus contributing to the etiopathogenesis of GD in childhood and adolescence.

© 2020 Stichting European Society for Clinical Investigation Journal Foundation.