国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

進行性悪性肺腫瘍に対するヨード125シード移植の臨床効果の予備的検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cancer Res Ther.2019;15(7):1567-1573. JCanResTher_2019_15_7_1567_275561. doi: 10.4103/jcrt.JCRT_581_19.

進行性悪性肺腫瘍に対するヨード125シード移植の臨床効果の予備的検討

Preliminary clinical efficacy of iodine-125 seed implantation for the treatment of advanced malignant lung tumors.

  • Fuxin Kou
  • Song Gao
  • Shaoxing Liu
  • Xiaodong Wang
  • Hui Chen
  • Xu Zhu
  • Jianhai Guo
  • Xin Zhang
  • Aiwei Feng
  • Baojiang Liu
PMID: 31939439 DOI: 10.4103/jcrt.JCRT_581_19.

抄録

目的:

本研究では、進行性肺悪性腫瘍に対するヨウ素125種子を用いた経皮的間質性ブラキセラピーの予備的な臨床効果を観察することを目的としている。

Aims: This study aims to observe the preliminary clinical efficacy of percutaneous interstitial brachytherapy using iodine-125 seeds for the treatment of advanced malignant lung tumors.

被験者と方法:

このレトロスペクティブ研究は、2013年6月から2017年11月までの間に当院の進行性悪性肺腫瘍患者24例を登録した。これらの患者にコンピュータ断層撮影(CT)誘導型ヨード125シード植込み療法を実施した。全患者を術後 3,6,12 ヵ月後に追跡調査した.CTにより臨床効果を評価した。

Subjects and Methods: This retrospective study enrolled 24 patients in our hospital with advanced malignant lung tumors between June 2013 and November 2017. Computed tomography (CT)-guided iodine-125 seed implantation therapy was administered to these patients. All patients were followed up at 3, 6, and 12 months after the operation. The clinical efficacy was evaluated by CT.

試験結果:

24例中、術後3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の客観的奏効率はそれぞれ50.0%、50.0%、33.3%であった。最近の副作用の発現は、気胸4例、喀血3例、粒子変位2例などであった。

Results: Among the 24 patients, the objective response rates at 3, 6, and 12 months after the procedure were 50.0%, 50.0%, and 33.3%, respectively. Recent occurrence of adverse reactions were observed, including four cases of pneumothorax, three cases of hemoptysis, and two cases of particle displacement.

結論:

肺悪性腫瘍の治療には、ヨード125種子を用いたCTガイド下経皮的間質性ブラキセラピーを用いることができる。その臨床的治癒効果は顕著であり、外傷が少なく、副作用の発生率が減少し、患者の生活の質が向上する。

Conclusions: CT-guided percutaneous interstitial brachytherapy with iodine-125 seeds can be used for the treatment of lung malignant tumors. Its clinical curative effect is remarkable and it results in limited trauma, reducing the incidence of adverse reactions and improving patient quality of life.