会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

MicroRNA-1251-5pはAKAP12を標的にして肝細胞がんの腫瘍増殖と転移を促進する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed. Pharmacother..2020 Feb;122:109754. S0753-3322(19)35376-4. doi: 10.1016/j.biopha.2019.109754.Epub 2019-12-30.

MicroRNA-1251-5pはAKAP12を標的にして肝細胞がんの腫瘍増殖と転移を促進する

MicroRNA-1251-5p promotes tumor growth and metastasis of hepatocellular carcinoma by targeting AKAP12.

  • Shaoshan Han
  • Liang Wang
  • Liankang Sun
  • Yufeng Wang
  • Bowen Yao
  • Tianxiang Chen
  • Runkun Liu
  • Qingguang Liu
PMID: 31918285 DOI: 10.1016/j.biopha.2019.109754.

抄録

マイクロRNA(miRNA)は、肝細胞がん(HCC)における遺伝子発現の重要な調節因子として登場した小分子RNAである。しかし、肝細胞がんにおけるmiR-1251-5pの発現、機能、メカニズムは未だ十分に理解されていない。本研究では、HCCにおいてmiR-1251-5pの発現が上昇していることが観察された。さらに、miR-1251-5pの発現量の増加は、予後不良、腫瘍の大きさ、血管浸潤、腫瘍結節転移(TNM)ステージの高さと相関していた。機能的には、miR-1251-5pはin vitroではHCC細胞の増殖、遊走、浸潤を促進し、in vivoではHCC細胞の増殖と転移を促進した。本研究では、miR-1251-5pの直接の標的として、A-キナーゼアンカー蛋白質12(AKAP12)を starBase V3.0 オンラインプラットフォームを用いてスクリーニングしました。その結果、AKAP12のmRNA発現はダウンレギュレートされ、miR-1251-5pレベルと負の相関を示した。さらに、in vitro実験では、AKAP12が標的化され、miR-1251-5pによってネガティブに制御されていることが確認された。重要なことは、AKAP12の過剰発現はHCC細胞の増殖、遊走、浸潤を減少させ、AKAP12の阻害はmiR-1251-5pのノックダウンによるHCC細胞の増殖、遊走、浸潤の減少を抑制した。以上のことから、miR-1251-5pはAKAP12を標的としたHCCにおいて発がん性の役割を果たしており、HCC治療の治療標的となる可能性があることが示唆された。

MicroRNAs (miRNA) are small RNA molecules that have emerged as important regulators of gene expression in hepatocellular carcinoma (HCC). However, the expression, function and mechanism of miR-1251-5p in HCC remain poorly understood. In the present study, it was observed that miR-1251-5p expression was upregulated in HCC. Furthermore, higher miR-1251-5p level was correlated with poor prognosis, large tumor size, vascular invasion and high tumor-node-metastasis (TNM) stages of HCC patients. Functionally, miR-1251-5p drove HCC cell proliferation, migration and invasion in vitro, and promoted growth and metastasis of HCC cells in vivo. A-kinase anchor protein 12 (AKAP12) was screened as a direct target of miR-1251-5p by using the starBase V3.0 online platform. The AKAP12 mRNA expression was downregulated and negatively correlated with miR-1251-5p level in HCC tissues. Furthermore, in vitro experiments confirmed that AKAP12 was targeted and negatively regulated by miR-1251-5p. Importantly, AKAP12 overexpression decreased HCC cell proliferation, migration and invasion, whereas inhibition of AKAP12 rescued the miR-1251-5p knockdown-attenuated HCC cell proliferation, migration and invasion. Overall, the present study indicates that miR-1251-5p plays an oncogenic role in HCC by targeting AKAP12, and may be a potential therapeutic target for HCC treatment.

Copyright © 2019 The Author(s). Published by Elsevier Masson SAS.. All rights reserved.