会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

臍帯血移植患者を対象とした移植前播種性フザリヌス菌症の高用量リポソーマルアムホテリシンB投与による治療に成功した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rinsho Ketsueki.2019;60(12):1641-1646. doi: 10.11406/rinketsu.60.1641.

臍帯血移植患者を対象とした移植前播種性フザリヌス菌症の高用量リポソーマルアムホテリシンB投与による治療に成功した

[Successful treatment of pre-engraftment disseminated fusariosis with high-dose liposomal amphotericin B in a cord blood transplant recipient].

  • Yasuhiko Harada
  • Makoto Murata
  • Akane Matsumoto
  • Daizo Kato
  • Tetsuya Yagi
  • Takashi Yaguchi
  • Takenori Yoshikawa
  • Takuya Takeichi
  • Masashi Akiyama
  • Yohei Yamaguchi
  • Daisuke Koyama
  • Seitaro Terakura
  • Tetsuya Nishida
  • Hitoshi Kiyoi
PMID: 31902814 DOI: 10.11406/rinketsu.60.1641.

抄録

急性骨髄性白血病と骨髄異形成関連変化を呈した47歳の男性が、全原性骨髄移植後に再発し、救済療法として臍帯血移植を受けた。この患者は広汎性抗生物質に耐性のある発熱性好中球減少症を発症し、移植前に体幹と四肢に痛みを伴う多発性の結節性皮膚病変を発症していた。皮膚生検と血液培養でカビが検出され、その後の顕微鏡検査、質量分析、真菌コロニーのDNA配列決定の結果、Fusarium solaniが同定された。発熱と皮膚病変はリポソームアムホテリシンBを5mg/kg/日投与することで改善した.好中球移植は19日目に起こった。ステージ3の急性皮膚移植片対宿主病はステロイド外用で治癒した。予期せぬことに,38日目にリポソーマルアムホテリシンBからボリコナゾールに変更したことで,Fusarium感染が悪化した.リポソーマルアムホテリシンBを合計19週間投与したところ、最終的にフザリウム感染は治癒した。好中球移植、即時確定診断、適切な抗真菌薬の十分かつ長期投与、ステロイドの全身投与の回避がこの症例の成功に寄与したと考えられる。

A 47-year-old man with acute myeloid leukemia and myelodysplastic-related changes relapsed after an allogenic bone marrow transplant and received a cord blood transplant as salvage therapy. The patient developed febrile neutropenia that was resistant to broad-spectrum antibiotics and multiple, painful, nodular skin lesions on his trunk and extremities before engraftment. A skin biopsy and blood culture found mold, and the subsequent microscopic examination, mass spectrometry, and DNA sequencing of the fungal colonies identified Fusarium solani. The patient's fever and skin lesions began to improve with the administration of liposomal amphotericin B at 5 mg/kg/day. Neutrophilic engraftment occurred on day 19. Stage 3 acute skin graft-versus-host disease was cured by the application of topical steroid. Unexpectedly, a change from liposomal amphotericin B to voriconazole on day 38 exacerbated the Fusarium infection. The Fusarium infection was finally cured by the administration of liposomal amphotericin B for a total of 19 weeks. Neutrophilic engraftment, an immediate definitive diagnosis, the sufficient and long-term administration of appropriate antifungal medication, and avoidance of the systemic administration of steroids might have contributed to the successful outcome of this patient.