会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ヨーロッパの障害者の歯科治療バックログの見直し | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Forensic Odontostomatol.2019 Dec;3(37):42-49. Epub 2019-12-30.

ヨーロッパの障害者の歯科治療バックログの見直し

Review of the dental treatment backlog of people with disabilities in Europe.

  • I Phlypo
  • L Janssens
  • E Palmers
  • D Declerck
  • L Marks
PMID: 31894137

抄録

エイム:

本研究では、ヨーロッパの障害者の口腔内の健康状態と治療ニーズをレビューすることを目的としています。

AIM: The present research aims at reviewing the oral health conditions and treatment needs of people with disabilities in Europe.

方法:

包括的な文献検索は、2008年1月から2017年12月までのタイムフレームでMedlineとEmbaseを使用して行われた。その後、引用の追跡が行われた。英語、フランス語、オランダ語の論文が含まれていた。

METHODS: A comprehensive literature search was conducted using Medline and Embase with a timeframe from January 2008 until December 2017. Subsequently, a citation tracking was undertaken. Articles in English, French and Dutch were included.

結果:

42 件の論文が含まれていた。様々な口腔保健上の問題と治療の必要性が報告された。障害のある人では,障害のない人に比べて,未治療のカリエス病変が多く,修復物が少なく,抜歯数が多く,補綴物のリハビリテーションが少なかった.また、口腔衛生レベルや歯周状態が悪かった。さらに、歯の外傷、歯列矯正の問題、歯の摩耗のリスクが高いことが報告された。

RESULTS: Forty-two articles were included. A variety of oral health problems and treatment needs was reported. More untreated carious lesions, less restorations, a higher number of extractions and less prosthetic rehabilitations were seen in people with disabilities compared with other individuals without disabilities. The oral hygiene level and the periodontal conditions were poor. Moreover, a higher risk of dental trauma, orthodontic problems and tooth wear were reported.

DISCUSSION:

障害者の口腔内の健康状態と治療の必要性には、さまざまな決定要因が関与している。これらの決定要因は、障害者に内在するもの(生物学的要因)、ライフスタイル、環境、口腔保健医療の組織に内在するものである可能性がある。治療のバックログは障害者に共通した所見であった。しかし、この文献レビューには様々な障害者が含まれているため、結果は注意して解釈する必要があります。提案された解決策は、口腔保健促進プログラムや支援環境の構築を通じた日常的な口腔ケアのレベルだけでなく、歯科出席のレベルでも、口腔保健ケアサービスへのアクセスを容易にし、歯科学生や歯科医師の訓練に焦点を当てることができる。

DISCUSSION: Different determinants contribute to the oral health condition and treatment needs of people with disabilities. These determinants can be inherent in persons with a disability (biological factors), their lifestyle, the environment or the organization of oral health care. A treatment backlog was a common finding in people with disabilities. However, results need to be interpreted with caution because of the variety of people with disabilities included in this literature review. Proposed solutions can be put at the level of daily oral care, through oral health promotion programs and the creation of a supportive environment, but also at the level of dental attendance, facilitating the access to oral health care services and focusing the training of dental students and dentists.

結論:

この総合的なレビューでは、障害者の歯科治療のバックログが明確に示されています。解決には、介護者と歯科専門家の努力が必要である。

CONCLUSION: This comprehensive review clearly shows a dental treatment backlog in people with disabilities. Solutions require efforts from the caregivers and dental professionals.