会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

悪性高熱症。歯科外来における症例検討. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Anesth Prog.2019;66(4):202-210. doi: 10.2344/anpr-66-04-03.

悪性高熱症。歯科外来における症例検討.

Malignant Hyperthermia: A Case Study in the Dental Ambulatory Surgery Setting.

  • Bryant W Cornelius
  • Shelby Olsen Dib
  • Regina A Dowdy
  • Christina K Horton
  • Katherine Frimenko
  • Shadee Mansour
  • Farah Abu Sharkh
  • Marcus T Joy
  • David L Hall
  • Hany A Emam
  • Courtney A Jatana
  • Kelly S Kennedy
PMID: 31891296 PMCID: PMC6938168. DOI: 10.2344/anpr-66-04-03.

抄録

歴史的に、悪性高熱症を発症した患者の死亡率は非常に高かった。今日では、適切な治療を受ければ、悪性高熱症を発症した患者はほとんどの場合、生存することができる。悪性高熱症に関連した死亡率の劇的な減少は、疾患に対する理解の向上、診断・モニタリング機器の改善、救命効果のある薬理学的薬剤の開発など、いくつかの要因によるものである。この論文では、オハイオ州立大学歯学部の外来診療所で全身麻酔下で修復歯科治療を受けた特別なニーズを持つ24歳の男性が急性悪性高熱症を発症した可能性が高い症例を紹介する。

Historically, patients who developed malignant hyperthermia had an extremely high rate of mortality. Today, if treated appropriately, patients who experience an episode of malignant hyperthermia will most likely survive. This dramatic decrease in mortality associated with malignant hyperthermia is due to several factors, including an increased understanding of the disease, improved diagnostic and monitoring equipment, and the development of lifesaving pharmacologic agents. This article presents the very likely case of acute malignant hyperthermia in a 24-year-old man with special needs, who presented for restorative dentistry under general anesthesia in the outpatient clinic of The Ohio State University's College of Dentistry.