会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ECMOカニュレーションにおける画像指導の実践パターン.米国小児外科学会の調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Pediatr. Surg..2019 Nov;S0022-3468(19)30850-4. doi: 10.1016/j.jpedsurg.2019.11.010.Epub 2019-11-29.

ECMOカニュレーションにおける画像指導の実践パターン.米国小児外科学会の調査

Practice patterns in imaging guidance for ECMO cannulation: A survey of the American Pediatric Surgical Association.

  • Natalie A Drucker
  • S Keisin Wang
  • Troy A Markel
  • Matthew P Landman
  • Brian W Gray
PMID: 31837841 DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2019.11.010.

抄録

背景:

小児体外膜酸素化(ECMO)カニューレーション技術における外科医特有のバリエーションは、十分に特徴づけられていない。技術の進歩により、参考となる正式なコンセンサス声明がないまま、手技が変化している。

BACKGROUND: Surgeon-specific variations in pediatric extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) cannulation technique are not well characterized. Advances in technology have led to changing techniques with no formal consensus statement for reference.

方法:

アメリカ小児外科学会(APSA)の会員1301人にアンケートを電子メールで送付しました。カテゴリデータはカイ二乗検定とKendallのタウ-β検定を用いて比較され、複数列比較はボンフェローニ補正を用いて行われました。

METHODS: A survey was e-mailed to 1301 members of the American Pediatric Surgical Association (APSA). Categorical data was compared with Chi-squared and Kendall's tau-β tests, and multiple column comparisons were performed with the Bonferroni correction.

結果:

回答率は19%で、248人の小児一般外科医が調査に回答した。回答者の89.4%が、カニュレーションは通常ICUで行われると回答した。静脈(VV)ECMO(42.2%)よりも静脈動脈(VA)ECMOカニュレーションの方が開腹(88.6%)で行われることが多かった。外科医は画像誘導なしでVA ECMOとVVV ECMOのカニュレーションをそれぞれ44%、21.5%行っていた。カニュレーション戦略によるカニューレ再配置の推定率に差はなかった。VA ECMOにおける静脈および動脈カニューレーションでは、大腿動脈または静脈へのアクセスの有無にかかわらず、13歳以上で体重が35kg以上の子供の場合、外科医は頸部ではなく大腿部を使用する可能性が高かった。

RESULTS: Response rate was 19%, with 248 pediatric general surgeons responding to the survey. 89.4% of respondents stated that cannulation was typically performed in the ICU. Venoarterial (VA) ECMO cannulation was more often performed open (88.6%) than venovenous (VV) ECMO (42.2%). Surgeons cannulate for VA ECMO and VV ECMO without imaging guidance 44% and 21.5% of the time, respectively. There was no difference in estimated rate of cannula repositioning by cannulation strategy. For venous and arterial cannulation in VA ECMO, surgeons were more likely to use the femoral as opposed to the neck when children were older than 13 years and weighed more than 35 kg regardless of the presence or absence of preexisting femoral arterial or venous access.

結論:

ECMOカニューレーションの実施パターンは、小児外科医の間で様々である。標準化することで、安全ではない行為の発生を減らし、合併症を減少させ、患者の転帰を改善する可能性がある。

CONCLUSION: Practice patterns for ECMO cannulation are variable among pediatric surgeons. Standardization could reduce the occurrence of unsafe practices and potentially decrease complications and improve patient outcomes.

証拠レベル:

レベルIV。

LEVEL OF EVIDENCE: Level IV.

Copyright © 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.