国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Netrin-1とその受容体DCCは黒色腫の進行に因果関係がある | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cancer Res..2020 Feb;80(4):747-756. 0008-5472.CAN-18-1590. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-18-1590.Epub 2019-12-05.

Netrin-1とその受容体DCCは黒色腫の進行に因果関係がある

Netrin-1 and Its Receptor DCC Are Causally Implicated in Melanoma Progression.

  • Amina Boussouar
  • Antonin Tortereau
  • Ambroise Manceau
  • Andrea Paradisi
  • Nicolas Gadot
  • Jonathan Vial
  • David Neves
  • Lionel Larue
  • Maxime Battistella
  • Christophe Leboeuf
  • Celeste Lebbé
  • Anne Janin
  • Patrick Mehlen
PMID: 31806640 DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-18-1590.

抄録

大腸癌で欠失した大腸癌(DCC)は、多機能性手がかりであるネットリン-1の受容体であり、ネットリン-1が低発現すると癌細胞死を誘発することで、腸癌や肺転移の腫瘍抑制因子として作用する。最近のゲノムデータから、DCCはメラノーマで3番目に変異の多い遺伝子であることが明らかになり、DCCがメラノーマの腫瘍抑制因子として作用するかどうかを検討した。その結果、DCCをヒトメラノーマ細胞株に再発現させると、マウスの異種移植モデルにおいて、腫瘍細胞の死滅と腫瘍増殖の抑制が促進された。BRAFマウスモデルでDCCの死滅活性を遺伝子的にサイレンシングすると、メラノーマを発症するマウスの割合が増加し、DCCがメラノーマ腫瘍抑制因子であることをさらに裏付ける結果となった。Netrin-1の発現は、良性のメラノサイト病変と比較してメラノーマで上昇していた。BRAF 変異マウスモデルの皮膚細胞における netrin-1 のアップレギュレーションは、がん細胞死を減少させ、メラノーマの進行を促進した。netrin-1の治療的抗体遮断とダカルバジンの併用は、いくつかのマウスメラノーマモデルにおいて全生存期間を延長した。これらのデータは、ネットリン-1を発現するメラノーマ患者において、ネットリン-1を阻害することが有効な治療法であることを支持するものである。重要性:Netrin-1とその受容体DCCはメラノーマの進行を制御しており、このシグナル伝達軸を標的とした治療法がメラノーマ治療のための実行可能な選択肢であることを示唆している。

Deleted in colorectal cancer (DCC), the receptor for the multifunctional cue netrin-1, acts as a tumor suppressor in intestinal cancer and lung metastasis by triggering cancer cell death when netrin-1 is lowly expressed. Recent genomic data highlighted that DCC is the third most frequently mutated gene in melanoma; we therefore investigated whether DCC could act as a melanoma tumor suppressor. Reexpressing DCC in human melanoma cell lines promoted tumor cell death and tumor growth inhibition in xenograft mouse models. Genetic silencing of DCC prodeath activity in a BRAF mouse model increased the proportion of mice with melanoma, further supporting that DCC is a melanoma tumor suppressor. Netrin-1 expression was elevated in melanoma compared with benign melanocytic lesions. Upregulation of netrin-1 in the skin cells of a BRAF-mutated murine model reduced cancer cell death and promoted melanoma progression. Therapeutic antibody blockade of netrin-1 combined with dacarbazine increased overall survival in several mouse melanoma models. Together, these data support that interfering with netrin-1 could be a viable therapeutic approach in patients with netrin-1-expressing melanoma. SIGNIFICANCE: Netrin-1 and its receptor DCC regulate melanoma progression, suggesting therapeutic targeting of this signaling axis as a viable option for melanoma treatment.

©2019 American Association for Cancer Research.