国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

プロバイオティクス,緑茶,クロルヘキシジンおよびフッ化物を含む歯磨剤の口腔内微生物叢に対する効果の比較。二重盲検法による無作為化臨床試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Contemp Clin Dent.2018 Oct-Dec;9(4):560-569.

プロバイオティクス,緑茶,クロルヘキシジンおよびフッ化物を含む歯磨剤の口腔内微生物叢に対する効果の比較。二重盲検法による無作為化臨床試験

Comparing the Effectiveness of Probiotic, Green Tea, and Chlorhexidine- and Fluoride-containing Dentifrices on Oral Microbial Flora: A Double-blind, Randomized Clinical Trial.

PMID: 31772463

抄録

はじめに:

口腔内には様々な微生物が生息しており、これらの微生物はう蝕の発生や進行に重要な役割を果たしていると考えられている。歯垢が原因のう蝕は局所的な疾患であるため、歯磨剤は抗菌剤を毎日投与するための最も理想的な手段である。近年,緑茶やプロバイオティクス,クロルヘキシジン(CHX)など,フッ素に代わる抗う蝕剤が提案されているが,これらは抗う蝕作用を有している。

Introduction: Oral cavity harbors wide variety of microorganisms; these are considered crucial for the dental caries initiation and progression. Plaque-induced caries is a local disease; therefore, dentifrices are the most ideal vehicle for the daily delivery of antibacterial agents. In recent years, alternatives to fluorides such as green tea, probiotic, and chlorhexidine (CHX) toothpastes have been proposed to possess antiplaque and anticariogenic properties.

目的:

プロバイオティクス歯磨き、緑茶歯磨き、CHX歯磨き、フッ化物歯磨きの口腔内微生物叢に対する効果を比較すること。

Aim: To compare the effectiveness of probiotic, green tea, and CHX- and fluoride-containing dentifrices on oral microbial flora.

材料と方法:

健康な成人を対象に、二重盲検、並行群、無作為化対照臨床試験を実施した。52名を4つのグループ(=13)に無作為に割り付けた。グループIは緑茶歯磨剤、グループIIはフッ素入り歯磨剤、グループIIIはCHX歯磨剤、グループIVはプロバイオティクス歯磨剤とした。歯垢と唾液のサンプルは、ベースラインと15日目、30日目のフォローアップで評価された。2つの期間と3つの期間における歯垢と唾液の数の平均差を比較するために、ペア-テストと一元配置のANOVAが使用された。Wilcoxon signed-rank 検定および Kruskal-Wallis 検定を用いて,2 回および 3 回の期間における歯垢および唾液サンプルの平均カウントを比較した.

Materials and Methods: A double-blinded, parallel group, randomized controlled clinical trial was conducted among healthy adults. Fifty-two individuals were randomly allocated to four groups ( = 13): Group I - green tea dentifrice, Group II - fluoridated dentifrice, Group III - CHX dentifrice, and Group IV - probiotic dentifrice. Plaque and saliva samples were evaluated for and at baseline and 15 and 30 days of follow-up. Paired -test and one-way ANOVA were used to compare the mean differences of plaque and salivary counts at two and three time periods. Wilcoxon signed-rank and Kruskal-Wallis tests were used to compare the mean count in plaque and saliva samples at two and three time periods, respectively.

結果:

歯垢と唾液の平均値と数は、30日後の追跡調査ですべての治療グループによって有意に減少した。しかし、グループIIIが最も高い減少率を示し、統計的に有意であることが判明した(<0.05)。

Results: The mean and counts in plaque and saliva samples were significantly reduced by all the treatment groups at the 30 day of follow-up. However, Group III showed the highest reduction and was found to be statistically significant ( < 0.05).

結論:

4つのグループはいずれも、30日後の追跡調査で平均値とコロニー数の有意な減少をもたらし、抗菌活性を示した。すべての予防方法の中で,グループIII(CHX歯磨剤)は他のグループに比べて優れた結果を示した。

Conclusion: All the four groups exhibited antimicrobial activity by bringing about a significant reduction in the mean and colony counts at the 30 day of follow-up. Among all the preventive modalities, Group III (CHX dentifrice) showed better results compared to other groups.