会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

内分泌かく乱化学物質へのライフスタイルや食事からの暴露と肥満の関係 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Food Chem. Toxicol..2020 Feb;136:110983. S0278-6915(19)30773-2. doi: 10.1016/j.fct.2019.110983.Epub 2019-11-20.

内分泌かく乱化学物質へのライフスタイルや食事からの暴露と肥満の関係

The relationship of obesity with lifestyle and dietary exposure to endocrine-disrupting chemicals.

  • L Heras-González
  • J A Latorre
  • M Martinez-Bebia
  • D Espino
  • F Olea-Serrano
  • M Mariscal-Arcas
PMID: 31759064 DOI: 10.1016/j.fct.2019.110983.

抄録

植物エストロゲンは、人間や動物の習慣的な食生活の一部を形成する多数の食品を含む植物の天然成分である。それらは、プラスチック材料、例えば、ポリカーボネートおよびエポキシ樹脂のモノマーのような合成内分泌撹乱物質と同様のエストロゲン作用を有する。最も頻繁に使用されているモノマーはビスフェノールA(BPA)であり、これは飲料や食品の包装、プラスチック製の哺乳瓶、缶のコーティングから移行することがわかっている。数多くの研究では、内分泌撹乱物質への暴露が肥満と関連しており、肥満の原因物質として分類されている。本研究の目的は、スペインの小学生のグループにおける植物エストロゲンとBPAへの食生活曝露を推定し、それらの潜在的な肥満誘発効果を推定することであった。健康なスペインの子供たちのこの集団の食事は、5.10M eq.E2(5 pmol/日)の平均総エストロゲン容量を持っていると推定された。この追加のエストロゲン負荷の影響は非常に議論の余地があり、決定的な結論は出ていません。したがって、ある著者は、エストロゲン活性を有するこれらの物質への曝露は、人生の特定の段階では陽性であると考えているが、他の著者は、どの年齢でもリスクをもたらすと考えている。今回の子供の集団では、正常体重と肥満の可能性は、総増殖効果(OR=0.51、p=0.026)と身体活動のエネルギー消費量に有意に関連しており、活動量が少ないほど肥満のリスクが高いことを示唆していた(OR=13.54、p=0.001)。食品中に存在する内分泌かく乱物質への暴露が肥満に及ぼす影響については、さらなる研究が必要である。

Phytoestrogens are natural components of plants, including numerous foods that form part of the habitual diet of humans and animals. They have similar estrogenic effects to those of synthetic endocrine disrupters such as monomers of plastic materials, e.g., polycarbonates and epoxy resins. The most frequently used monomer is bisphenol A (BPA), which has been found to migrate from drink and food packaging, plastic baby bottles, and the coating of cans. Numerous studies have associated exposure to endocrine disrupters with obesity, classifying them as obesogens. The objectives of this study were to estimate the dietary exposure to phytoestrogens and BPA in a group of Spanish schoolchildren and to estimate their potential obesogenic effects. The diet of this population of healthy Spanish children was estimated to have a mean total estrogenic capacity of 5.10 M eq.E2 (5 pmol/day). The effects of this additional estrogenic burden are highly controversial, and no definitive conclusion has been reached. Thus, some authors consider exposure to these substances with estrogenic activity to be positive at certain stages of life, whereas others regard it as posing a risk at any age. In the present population of children, the likelihood of normal weight versus obesity was significantly related to the total proliferative effect (OR = 0.51, p = 0.026) as well as to the energy expenditure on physical activity, with lesser activity implying a greater risk of obesity (OR = 13.54, p = 0.001). Further research is warranted on the obesogenic effects of exposure to endocrine disruptors present in foods.

Copyright © 2019. Published by Elsevier Ltd.