国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

爬虫類のベースラインのコルチコステロン濃度を測定するための血漿の入手。どのくらいの速さで十分なのか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gen. Comp. Endocrinol..2020 02;287:113324. S0016-6480(19)30147-9. doi: 10.1016/j.ygcen.2019.113324.Epub 2019-11-13.

爬虫類のベースラインのコルチコステロン濃度を測定するための血漿の入手。どのくらいの速さで十分なのか?

Obtaining plasma to measure baseline corticosterone concentrations in reptiles: How quick is quick enough?

  • Catherine Tylan
  • Kiara Camacho
  • Susannah French
  • Sean P Graham
  • Mark W Herr
  • Jermayne Jones
  • Gail L McCormick
  • Melissa A O'Brien
  • Jennifer B Tennessen
  • Christopher J Thawley
  • Alison Webb
  • Tracy Langkilde
PMID: 31733208 DOI: 10.1016/j.ygcen.2019.113324.

抄録

野生動物が環境問題にどのように反応するかを理解するために、グルココルチコイド(GC)ホルモンを使用することに関心が高まっています。最近のGC値の情報を得るには血液が最適な媒体であるが、血液を採取するには拘束が必要であり、ストレスがかかりGC値に影響を与える可能性がある。GCが血液中に入るのには遅延があり、動物を最初に撹乱してから3分以内に得られた血液は、主に鳥類や哺乳類の研究に基づいて、GCのベースラインレベルを反映していると考えられている。ここでは、爬虫類の主要なGCであるコルチコステロン(CORT)の変化のタイミングについて、最初の撹乱後11分以内の範囲内で採血した4種の爬虫類のデータを提示する。CORTの変化は、綿口(Agkistrodon piscivorus;初回撹乱後4分)、ガラガラヘビ(Crotalus oreganus;2分30秒)、ロックイグアナ(Cyclura cychlura;2分44秒)で認められたが、フェンストカゲ(Scelopelorus undulatus)では10分間のサンプリング時間内では変化は認められなかった。両種のヘビにおいて、CORTが上昇し始めてから3-7分後までに採取したサンプルでは、標準的な拘束ストレス因子に曝露した後に採取したサンプルよりもCORT濃度が低くなっていた。3分ルール」は爬虫類の取り扱いやサンプリングによる血漿中CORTの上昇を回避するための指針として広く適用できるようですが、真のベースラインCORTを得るための時間は、種によっては(ガラガラガラヘビ、ロックイグアナ)より短くする必要があるかもしれませんし、他の種(ワタネズミ、フェンストカゲ)では不必要に制限されるかもしれません。

There is growing interest in the use of glucocorticoid (GC) hormones to understand how wild animals respond to environmental challenges. Blood is the best medium for obtaining information about recent GC levels; however, obtaining blood requires restraint and can therefore be stressful and affect GC levels. There is a delay in GCs entering blood, and it is assumed that blood obtained within 3 min of first disturbing an animal reflects a baseline level of GCs, based largely on studies of birds and mammals. Here we present data on the timing of changes in the principle reptile GC, corticosterone (CORT), in four reptile species for which blood was taken within a range of times 11 min or less after first disturbance. Changes in CORT were observed in cottonmouths (Agkistrodon piscivorus; 4 min after first disturbance), rattlesnakes (Crotalus oreganus; 2 min 30 s), and rock iguanas (Cyclura cychlura; 2 min 44 s), but fence lizards (Sceloporus undulatus) did not exhibit a change within their 10-min sampling period. In both snake species, samples taken up to 3-7 min after CORT began to increase still had lower CORT concentrations than after exposure to a standard restraint stressor. The "3-min rule" appears broadly applicable as a guide for avoiding increases in plasma CORT due to handling and sampling in reptiles, but the time period in which to obtain true baseline CORT may need to be shorter in some species (rattlesnakes, rock iguanas), and may be unnecessarily limiting for others (cottonmouths, fence lizards).

Copyright © 2019. Published by Elsevier Inc.