会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

知的・発達障害のある人の口腔内の健康状態の悪さに対抗するために:文献レビューの調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Public Health.2019 Nov;19(1):1530. 10.1186/s12889-019-7863-1. doi: 10.1186/s12889-019-7863-1.Epub 2019-11-15.

知的・発達障害のある人の口腔内の健康状態の悪さに対抗するために:文献レビューの調査

Countering the poor oral health of people with intellectual and developmental disability: a scoping literature review.

  • Nathan J Wilson
  • Zhen Lin
  • Amy Villarosa
  • Peter Lewis
  • Philcy Philip
  • Bashir Sumar
  • Ajesh George
PMID: 31729967 PMCID: PMC6858643. DOI: 10.1186/s12889-019-7863-1.

抄録

背景:

知的・発達障害(IDD)を持つ人々は口腔内の健康状態が悪く、口腔内の健康状態を最適に維持するためのサポートが必要です。このような人々に対して、いつ、どこで、どのように介入するかについては、ほとんど知られていない。そこで、本レビューの目的は、IDD患者の口腔保健の転帰を改善するための既存のエビデンスをまとめることでした。

BACKGROUND: People with intellectual and developmental disability (IDD) have poor oral health and need support to maintain optimal oral health outcomes. Little is known about how, when and where to intervene for this population. Thus the aim of this review was to summarise the existing evidence surrounding improving oral health outcomes for people with IDD.

方法:

口腔内の健康」と「知的障害」に焦点を当てた文献レビューが実施された。研究の目的に沿って5つの電子データベースを系統的に検索し、2人の著者がすべての記録の関連性を独自に調べ、3人目の著者がコンセンサスを得た。

METHODS: A scoping literature review was conducted focusing on 'oral health' and 'intellectual disability'. Systematic searches of five electronic databases were conducted in line with the study aims and two authors independently examined all records for relevance, with consensus achieved by a third author.

結果:

IDD患者が自立して最適な口腔衛生を維持できるように支援するためのアプローチや介入は少数であることが確認された。特定された研究では、介護者が口腔保健支援の提供において重要な役割を果たしていることが強調され、介護者への教育的介入の有効性が強調されている。しかし、IDD患者に対する特定の歯磨き介入の有効性については不確実性があった。より重度のIDDおよび/または歯科関連行動問題の場合、全身麻酔下での歯科治療は口腔保健ケアの提供に必要かつ効果的な方法であることが多かった。また、IDD患者の限られた口腔ケアサービスへのアクセスを増やすための戦略として、アウトリーチと専用の口腔保健サービスが成功していることも明らかになった。

RESULTS: A small number of approaches and interventions were identified to support people with IDD to independently maintain optimal oral hygiene. Identified studies highlighted that caregivers play a vital role in the provision of oral health support, emphasising the effectiveness of educational interventions for caregivers. However, there was uncertainty regarding the efficacy of specific tooth brushing interventions for people with IDD. In cases of more severe IDD and/or dental-related behavioural problems, dental treatment under general anaesthesia was often both a necessary and effective method of oral health care provision. The findings also identified outreach and exclusive oral health services as successful strategies for increasing the limited access of people with IDD to oral care services.

結論:

IDD患者の口腔保健を支援するための画一的なアプローチでは成功する可能性は低い。IDD患者の集団、その介護者、サービスの背景にある多様なニーズに対応するためには、システムベースのアプローチが必要である。これらの知見を確認するためには、さらなる質の高いエビデンスが必要である。

CONCLUSIONS: A uniform approach to supporting oral health for people with IDD is unlikely to succeed. A system-based approach is needed to address the diverse needs of the population of people with IDD, their caregivers and service context. Further high quality evidence is required to confirm these findings.