国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

パエオニフローリンは、HT-22細胞におけるmiR-135aのダウンレギュレーションを介してHO誘発酸化ストレスを緩和する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurochem. Res..2019 Dec;44(12):2821-2831. 10.1007/s11064-019-02904-3. doi: 10.1007/s11064-019-02904-3.Epub 2019-11-14.

パエオニフローリンは、HT-22細胞におけるmiR-135aのダウンレギュレーションを介してHO誘発酸化ストレスを緩和する

Paeoniflorin Alleviates HO-Induced Oxidative Injury Through Down-Regulation of MicroRNA-135a in HT-22 Cells.

  • Ailing Zhai
  • Zeng Zhang
  • Xiangjuan Kong
PMID: 31728857 DOI: 10.1007/s11064-019-02904-3.

抄録

パエオニフローリン(PF)は、認知機能障害疾患に対する神経保護作用を有することが報告されている。本研究では、海馬のHT-22細胞を対象に、PFのHO誘発障害に対する保護効果とその制御機構を明らかにすることを試みた。HT-22細胞をPFで前処理した後、HOで誘導した。その後、CCK-8アッセイ,アポトーシスアッセイ,ウエスタンブロット及びROSアッセイを用いて、PF前処理の影響を調べた。さらに、マイクロRNA-135a(miR-135a)の発現をqRT-PCR、細胞トランスフェクションにより解析した。また、miR-135aを過剰発現させた後、再びmiR-135a mimicの細胞機能への影響が検出された。さらに、HO, PF及びmiR-135aの過剰発現がJAK2/STAT3及びERK1/2シグナル経路に及ぼす影響についても検討した。さらに、PFの前処理により、HOによる酸化ストレスが緩和され、細胞生存率の向上、アポトーシスの抑制、活性酸素の発生抑制、JAK2/STAT3およびERK1/2シグナル経路の活性化が確認された。また、miR-135aの発現はPF前処理により低下した。一方、miR-135aはPF前処理により発現が低下したが、miR-135a模倣体はPF前処理により発現が低下した。これらの結果から、PFはJAK2/STAT3およびERK1/2経路の活性化を介してmiR-135aの発現を低下させることで、HOによる酸化ストレスを緩和することが示唆された。

Paeoniflorin (PF) has been reported to possess neuroprotective influences on cognitive dysfunction illness. In current research, we attempted to probe into the protective influences of PF against HO-induced damage and the underlying regulating mechanisms on hippocampal HT-22 cells. HT-22 cells were pretreated with PF, and then induced by HO. Afterwards, the influences of PF pretreatment were examined using CCK-8 assay, apoptosis assay, western blot and ROS assay, respectively. In addition, the expression of microRNA-135a (miR-135a) was analyzed and altered by qRT-PCR and cell transfection, respectively. After overexpression of miR-135a, the effects of miR-135a mimic on cell functions were detected again. Moreover, influences of HO, PF and miR-135a overexpression on JAK2/STAT3 and ERK1/2 signal pathways were further investigated. Further experiments verified that PF pretreatment alleviated HO-induced oxidative stress through increasing cell viability, inhibiting cell apoptosis, reducing ROS generation and activating JAK2/STAT3 and ERK1/2 pathways. Besides, expression of miR-135a was declined by PF pretreatment. Whereas, miR-135a mimic abrogated the protective effects triggered by PF pretreatment. These results indicated that PF can alleviate HO-induced oxidative stress by down-regulation of miR-135a via activation of JAK2/STAT3 and ERK1/2 pathways.