会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

糖尿病および既往の心血管疾患患者におけるβ遮断薬治療と心血管アウトカムの関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. Heart J..2019 12;218:92-99. S0002-8703(19)30271-6. doi: 10.1016/j.ahj.2019.09.013.Epub 2019-10-20.

糖尿病および既往の心血管疾患患者におけるβ遮断薬治療と心血管アウトカムの関連性

Associations between β-blocker therapy and cardiovascular outcomes in patients with diabetes and established cardiovascular disease.

  • Jay S Shavadia
  • Yinggan Zheng
  • Jennifer B Green
  • Paul W Armstrong
  • Cynthia M Westerhout
  • Darren K McGuire
  • Jan H Cornel
  • Rury R Holman
  • Eric D Peterson
PMID: 31715435 DOI: 10.1016/j.ahj.2019.09.013.

抄録

背景:

2型糖尿病(T2D)および既往の動脈硬化性心血管系疾患(ASCVD)患者におけるβ遮断薬治療の効果は不明である。我々は、ASCVDを有する2型糖尿病(T2D)におけるβ遮断薬の使用と心血管(CV)アウトカムとの関連を評価しようとした。

BACKGROUND: The effects of β-blocker therapy in patients with type 2 diabetes (T2D) and established atherosclerotic cardiovascular disease (ASCVD) are unclear. We sought to evaluate associations between β-blocker use in T2D with ASCVD and cardiovascular (CV) outcomes.

方法:

シタグリプチンを用いた心血管アウトカム評価試験(TECOS)に登録されたT2DおよびASCVD患者を対象に、逆確率治療重み付けCox比例ハザードモデルを用いて、ベースラインのβ-遮断薬治療(無作為化時)と一次心房細動複合体(心房細動死、非致死的心筋梗塞[MI]、非致死的脳卒中、または不安定狭心症による入院と定義)との関連を、MIおよび心不全(HF)の既往のあるサブグループを含めて検討しました;その他の評価されたアウトカムには、一次複合体の個々の構成要素、HFのための入院、および重度の低血糖イベントが含まれます。

METHODS: In patients with T2D and ASCVD enrolled in the Trial Evaluating Cardiovascular Outcomes with Sitagliptin (TECOS), an inverse probability of treatment-weighted Cox proportional hazards model was used to examine the association between baseline β-blocker therapy (at randomization) and the primary CV composite (defined as CV death, non-fatal myocardial infarction [MI], non-fatal stroke, or hospitalization for unstable angina), including in subgroups with prior MI and heart failure (HF); other outcomes evaluated included individual components of the primary composite, hospitalization for HF, and severe hypoglycemic events.

結果:

無作為化された14,671人の患者のうち、9322人(64%)がベースラインでβ遮断薬を服用していた;これらの患者は、MIまたはHFの既往がある可能性が高かった。中央値3.0年(25%、75%:2.2年、3.6年)の間に、一次心房細動複合体のリスクは、ベースラインでのβ遮断薬の使用と、β遮断薬を使用していない場合の方が有意に高かった(100人年あたりのイベント数4.5 vs. 3.4、調整後ハザード比[HR] 1.17、95%信頼区間[CI] 1.05-1.29);MIまたはHFの既往歴のある患者とない患者では、有意な相互作用は認められなかった。ベースラインでのβ遮断薬の使用は、重度の低血糖イベントのリスクとは関連していなかった(HR 1.14、95%CI 0.88-1.48)。

RESULTS: Of the 14,671 patients randomized, 9322 (64%) were on a β-blocker at baseline; these patients were more likely to have prior MI or HF. Over a median 3.0 (25th, 75th percentile: 2.2, 3.6) years, the risk of the primary CV composite was significantly higher with baseline β-blocker use versus no β-blocker use (4.5 vs. 3.4 events/100-patient years, adjusted hazard ratio [HR] 1.17, 95% confidence interval [CI] 1.05-1.29); no significant interaction was noted for patients with versus without prior MI or HF. Baseline β-blocker use was not associated with risks for severe hypoglycemic events (HR 1.14, 95% CI 0.88-1.48).

結論:

T2DとASCVDを対象としたこの観察的解析では、ベースラインでのβ遮断薬の使用は重度の低血糖イベントのリスクとは関連していなかったが、3年間の追跡調査におけるCVリスクの低下とは関連しておらず、この患者集団における慢性的なβ遮断薬治療の無作為化検討を支持するものであった。(TECOS ClinicalTrials.gov番号、NCT00790205)。

CONCLUSIONS: In this observational analysis of T2D and ASCVD, baseline β-blocker use was not associated with risks for severe hypoglycemia yet also was not associated with CV risk reduction over 3 years of follow-up, supporting a randomized examination of chronic β-blocker therapy in this patient population. (TECOS ClinicalTrials.gov number, NCT00790205).

Copyright © 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.