国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

急性冠症候群を呈した62歳女性の血管形成術後にチカグレラーが奏功した脊髄動脈停止 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Tex Heart Inst J.2019 Jun;46(3):203-206. doi: 10.14503/THIJ-17-6554.Epub 2019-06-01.

急性冠症候群を呈した62歳女性の血管形成術後にチカグレラーが奏功した脊髄動脈停止

Sinoatrial Arrest Caused by Ticagrelor after Angioplasty in a 62-Year-Old Woman with Acute Coronary Syndrome.

  • Fan Ye
  • Burton V Silverstein
  • Michael Jansen
  • Christopher L Bray
  • Arthur C Lee
PMID: 31708704 PMCID: PMC6827480. DOI: 10.14503/THIJ-17-6554.

抄録

P2Y受容体拮抗薬である血小板凝集阻害薬チカグレラーは,急性冠症候群患者の血管形成術後に広く使用されている。臨床試験のデータでは,ほとんどの患者に忍容性が高いことが示されている。血管形成術後にチカグレラーに関連した無症候性と持続性の副鼻腔休止がチカグレラーに代えてプラスグレルを投与することで消失した62歳女性の症例を紹介する。

The platelet aggregation inhibitor ticagrelor, a P2Y receptor antagonist, is widely used after angioplasty in patients with acute coronary syndrome. Clinical trial data have shown that it is well tolerated by most patients. We present the case of a 62-year-old woman whose ticagrelor-related asymptomatic and persistent sinus pauses after angioplasty resolved when ticagrelor was replaced with prasugrel.

© 2019 by the Texas Heart® Institute, Houston.