会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

19世紀からのラトビア民俗資料館に記録された薬用植物とその用途 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ethnopharmacol.2020 Mar;249:112378. S0378-8741(19)30611-7. doi: 10.1016/j.jep.2019.112378.Epub 2019-11-09.

19世紀からのラトビア民俗資料館に記録された薬用植物とその用途

Medicinal plants and their uses recorded in the Archives of Latvian Folklore from the 19th century.

  • Inga Sile
  • Edita Romane
  • Sanita Reinsone
  • Baiba Maurina
  • Dace Tirzite
  • Maija Dambrova
PMID: 31707047 DOI: 10.1016/j.jep.2019.112378.

抄録

文化人類学的変化:

民間療法の記録は、ラトビアの領土で薬用植物が使用されていた歴史的な証拠を示しており、薬として使用されていた在来の植物や輸入された植物や植物製品が記載されています。

ETHNOPHARMACOLOGICAL RELEVANCE: The records of folk medicine present historical evidence of medicinal plant usage in the territory of Latvia and describe native and imported plants and plant products that were used as medicine.

研究の目的:

ラトビア民俗資料館に所蔵されているラトビアの民間療法の記録に見られる民族植物学的知識を収集・分析する。

AIM OF THE STUDY: To collect and analyse the ethnobotanical knowledge found in records of Latvian folk medicine available in the Archives of Latvian Folklore.

材料と方法:

国際プライマリ・ケア分類に従い、植物の用途は、身体のシステムや心理的・社会的な問題に基づいて、17のカテゴリーに分類されています。各植物は、The Plant Listのウェブサイトによると、学名で識別されています。さらに、使用されている植物の部位、生薬の投与形態、投与経路を分析した。

MATERIALS AND METHODS: Following the International Classification of Primary Care, plant uses were grouped into one of the 17 categories based on the body systems and psychological and social problems. Each plant was identified by its scientific name according to The Plant List website. Additionally, the plant parts used, dosage forms of herbal medicines and routes of administration were analysed.

結果:

分析資料には71科に属する211属が記載されていた。最も多かった健康状態は、消化器系疾患、呼吸器系疾患、皮膚疾患であった。分類数が最も多い植物科は、キク科、バラ科、ラミア科、アピアセア属であった。在来植物では、Achillea millefolium L.、Matricaria chamomomilla L.、Allium cepa L.、Artemisia absinthium L.、Plantago sp. L.が最も多かった。L.は葉や花の部分が最も多く、投与形態はハーブティーが最も一般的であった。本研究で言及された211種のうち、欧州医薬品庁の公式ハーブモノグラフに掲載されているのは59種のみであった。

RESULTS: In total, 211 genera belonging to 71 families were mentioned in the analysed materials. The most common health conditions were digestive system disorders, respiratory system disorders and skin disorders. The plant families with the largest number of taxa were Asteraceae, Rosaceae, Lamiaceae, and Apiaceae. The most frequently mentioned native plant taxa were Achillea millefolium L., Matricaria chamomilla L., Allium cepa L., Artemisia absinthium L., and Plantago sp. L. Leaves and flowers were the most commonly used parts, and herbal tea was the most common dosage form. Only 59 out of 211 taxa mentioned in this study are included in the official herbal monographs of the European Medicines Agency.

結論:

ラトビアの民間療法の記録に記載されている152種の植物は、安全性と有効性に関する科学的情報を提供する欧州連合のハーブモノグラフには含まれておらず、伝統的な生薬としてさらなる調査が必要である。

CONCLUSIONS: One hundred and fifty-two plant taxa mentioned in the records of Latvian folk medicine are not included in the European Union herbal monographs providing scientific information on the safety and efficacy and deserve further exploration as traditional herbal medicines.

Copyright © 2019 Elsevier B.V. All rights reserved.