国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

自閉症スペクトラム障害の被告人がオンライン性犯罪で起訴されたオーストラリアの刑事事件の法的分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Law Psychiatry.2019 Sep - Oct;66:101456. S0160-2527(19)30086-X. doi: 10.1016/j.ijlp.2019.101456.Epub 2019-07-10.

自閉症スペクトラム障害の被告人がオンライン性犯罪で起訴されたオーストラリアの刑事事件の法的分析

A legal analysis of Australian criminal cases involving defendants with autism spectrum disorder charged with online sexual offending.

  • Clare S Allely
  • Sally Kennedy
  • Ian Warren
PMID: 31706389 DOI: 10.1016/j.ijlp.2019.101456.

抄録

本論文では、オーストラリアでオンライン性犯罪で起訴された少数の自閉症スペクトラム障害(ASD)患者の症状が、法的議論の中でどのように確立され、法的責任と犯罪行動に影響を与えるために司法がどのように構想されているかを検証する。本研究の目的は、ASDと児童搾取材料(CEM)に関連する行為を含むオンライン性犯罪との関連性に関する司法の言説は、刑事責任や代替的な刑罰処分の使用に関する全体的な問題とはほとんど関係がないという命題を実証的に支持することである。本研究では、10の判決を含むオーストラリアの最近の刑事事件9件のサンプルを調査することで、ASDと診断された状態が不正行為に大きく寄与した可能性を示唆する方法で、ASDの証拠がどのように法的議論の中で提起されているかを検証しています。最後に、現在のオーストラリアの司法実務では、オンライン性犯罪で有罪判決を受けた個人の監督処分や非親告罪処分を選択する際に、ASDに関連した臨床的要因の影響をより敏感に考慮する必要があることを示唆している。

This paper examines how the symptomology of the small number of individuals with autism spectrum disorder (ASD) charged with online sexual offenses in Australia is established during legal arguments and conceived by the judiciary to impact legal liability and offending behavior. This study aims to provide empirical support for the proposition that judicial discourses regarding the connection between ASD and online sexual offending, including conduct related to child exploitation material (CEM), have little bearing on overall questions of criminal liability or the use of alternative penal dispositions. It does so by exploring a sample of nine recent Australian criminal cases, involving ten rulings, that examine how evidence of ASD is raised in legal arguments in ways that suggest a diagnosed condition may have contributed significantly to the alleged wrongdoing. We conclude by suggesting current Australian judicial practice requires more sensitivity to the impact of clinical factors associated with ASD in shaping alternative supervisory and non-custodial dispositions for individuals convicted of online sexual offenses.

Copyright © 2019 Elsevier Ltd. All rights reserved.