国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

下顎単歯義歯を装着した高齢者の咬合力,咬筋の厚さ,および口腔保健関連のQOL. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Prosthodont.2019 Nov/Dec;32(6):503-508.

下顎単歯義歯を装着した高齢者の咬合力,咬筋の厚さ,および口腔保健関連のQOL.

Bite Force, Masseter Thickness, and Oral Health-Related Quality of Life of Elderly People with a Single-Implant Mandibular Overdenture.

PMID: 31664266

抄録

目的:

従来の総義歯(CD)とシングルインプラントオーバーデンチャー(SIO)を用いてリハビリを行った高齢者の最大咬合力,咬筋厚,口腔保健関連QOL(OHRQoL)を比較する。

PURPOSE: To compare maximum bite force, masseter thickness, and oral health-related quality of life (OHRQoL) in elderly patients rehabilitated with conventional complete dentures (CDs) and single-implant overdentures (SIOs).

材料と方法:

ペアデザインを実施し、12名の高齢者患者を選出した。最初に,新しいCDのセットが製造され,装着された。2ヵ月の適応期間を経て、オッセオインテグレーションされたインプラントを1本シンフィス領域に挿入することで、下顎のCDをSIOに変化させた。両治療(CDおよびSIO)の2ヵ月後にすべての変数を評価した。最大咬合力は圧力センサーを用いて評価し,咬筋の厚さは筋肉の収縮時と弛緩時に超音波で測定した。OHRQoLの測定には,無歯顎者のためのOral Health Impact Profile(OHIP-Edent)を用いた。データの解析には,Student t 検定とWilcoxon 検定を用いた。咬合力と咬筋の厚さの間のピアソン係数の相関を計算した。

MATERIALS AND METHODS: A paired design was conducted, and 12 elderly patients were selected. Initially, a set of new CDs was manufactured and placed. After a 2-month adaptation period, the mandibular CD was transformed into an SIO by inserting one osseointegrated implant into the symphysis region. All variables were evaluated 2 months after both treatments (CD and SIO). Maximum bite force was evaluated using pressure sensors, while masseter thickness was obtained via ultrasound during muscle contraction and relaxation. The Oral Health Impact Profile for edentulous people (OHIP-Edent) was used to measure OHRQoL. Data were analyzed using Student t test and Wilcoxon test. Pearson coefficient of correlation between bite force and masseter thickness was calculated.

結果:

最大咬合力と収縮時の咬筋厚の値は,SIO使用後に有意に増加し(P < 0.001),筋機能の改善が認められた。OHRQoLについては,SIOの使用により,一般スコアおよび機能的制限と身体的苦痛の領域が減少し(P < 0.05),OHRQoLの認知度が向上したことが示された。さらに,収縮時の咬筋の厚さは,咬合力と緩やかな相関関係があった(r = 0.480; P = 0.018)。

RESULTS: Values for maximum bite force and masseter thickness during contraction increased significantly after SIO use (P < .001), indicating an improvement in muscle function. Considering OHRQoL, the general score and the domains functional limitation and physical pain were reduced (P < .05), indicating better perception of OHRQoL, with SIO use. Moreover, masseter thickness during contraction was moderately correlated with bite force (r = 0.480; P = .018).

結論:

SIOの使用は,高齢者の最大咬合力と咬筋の厚さを増加させ,OHRQoLの改善につながることがわかった。

CONCLUSION: Using SIO increased the maximum bite force and masseter thickness of elderly patients, leading to an improved OHRQoL.