会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

性の発達に障害のある人の性腺生殖細胞がんを予測する;発生生物学からの洞察 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2019 Oct;20(20). E5017. doi: 10.3390/ijms20205017.Epub 2019-10-10.

性の発達に障害のある人の性腺生殖細胞がんを予測する;発生生物学からの洞察

Predicting Gonadal Germ Cell Cancer in People with Disorders of Sex Development; Insights from Developmental Biology.

  • Leendert H J Looijenga
  • Chia-Sui Kao
  • Muhammad T Idrees
PMID: 31658757 PMCID: PMC6834166. DOI: 10.3390/ijms20205017.

抄録

性腺生殖細胞癌(GGCC)のリスクは、選択的なサブグループ、特に性発達障害(DSD)を有する患者を定義した場合に増加する。リスクの増加は、Y染色体の一部、すなわちY染色体GBY領域上のGonadoBlastomaの存在、および解剖学的局在と精巣化と生殖腺の成熟の程度によるものである。後者は、特に、発生の胚段階でブロックされたときに危険にさらされている存在する生殖細胞に関連している。GGCCは、その場の生殖細胞新生物(精巣環境)または性腺芽細胞腫(卵巣様環境)のいずれかに由来する。これらの前駆体は、OCT3/4 (POU5F1)、SOX17、NANOG、TSSPY、cKITとそのリガンドであるKITLGというマーカーの存在によって特徴づけられる。目的の一つは、生殖腺生検の組織学的調査以外のパラメータに基づいて、リスクが増加した個体を層別化することである。これには、ゲノムワイドアソシエーション研究によって同定された特定の感受性対立遺伝子の評価や、液体生検のDNA、mRNA、およびmicroRNAプロファイリングと組み合わせた、個々の患者におけるDSDの基礎となる分子機構の詳細な評価が含まれるかもしれない。このレビューでは、個々の患者におけるGGCCのリスクを予測するという観点から、現在の可能性と利用可能な知識の限界について議論する。

The risk of gonadal germ cell cancer (GGCC) is increased in selective subgroups, amongst others, defined patients with disorders of sex development (DSD). The increased risk is due to the presence of part of the Y chromosome, i.e., GonadoBlastoma on Y chromosome GBY region, as well as anatomical localization and degree of testicularization and maturation of the gonad. The latter specifically relates to the germ cells present being at risk when blocked in an embryonic stage of development. GGCC originates from either germ cell neoplasia in situ (testicular environment) or gonadoblastoma (ovarian-like environment). These precursors are characterized by presence of the markers OCT3/4 (POU5F1), SOX17, NANOG, as well as TSPY, and cKIT and its ligand KITLG. One of the aims is to stratify individuals with an increased risk based on other parameters than histological investigation of a gonadal biopsy. These might include evaluation of defined susceptibility alleles, as identified by Genome Wide Association Studies, and detailed evaluation of the molecular mechanism underlying the DSD in the individual patient, combined with DNA, mRNA, and microRNA profiling of liquid biopsies. This review will discuss the current opportunities as well as limitations of available knowledge in the context of predicting the risk of GGCC in individual patients.