会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

医師による新しい経口抗糖尿病薬の採用とメディケアおよびメディケイドの薬剤費との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Health Serv Res.2019 Oct;19(1):703. 10.1186/s12913-019-4520-4. doi: 10.1186/s12913-019-4520-4.Epub 2019-10-16.

医師による新しい経口抗糖尿病薬の採用とメディケアおよびメディケイドの薬剤費との関連

Association between physician adoption of a new oral anti-diabetic medication and Medicare and Medicaid drug spending.

  • Ilinca D Metes
  • Lingshu Xue
  • Chung-Chou H Chang
  • Haiden A Huskamp
  • Walid F Gellad
  • Wei-Hsuan Lo-Ciganic
  • Niteesh K Choudhry
  • Seth Richards-Shubik
  • Hasan Guclu
  • Julie M Donohue
PMID: 31619229 PMCID: PMC6794771. DOI: 10.1186/s12913-019-4520-4.

抄録

背景:

米国では、処方薬支出には地域差があることがよく知られている。しかし、患者レベルの処方薬支出のばらつきに対するブランド名薬の医師採用の具体的な役割は、多くの薬剤クラスにわたってまだ調査されていない。本研究では、ペンシルバニア州のメディケアおよびメディケイド患者におけるファーストインクラスの抗糖尿病薬(AD)薬であるシタグリプチンの医師採用とAD薬支出との関連性を明らかにすることで、この文献を補完することを目的としている。

BACKGROUND: In the United States, there is well-documented regional variation in prescription drug spending. However, the specific role of physician adoption of brand name drugs on the variation in patient-level prescription drug spending is still being investigated across a multitude of drug classes. Our study aims to add to the literature by determining the association between physician adoption of a first-in-class anti-diabetic (AD) drug, sitagliptin, and AD drug spending in the Medicare and Medicaid populations in Pennsylvania.

方法:

ペンシルバニア州のQuintilesIMS Xponent™データベースから医師レベルのデータを入手し、導入までの時間と導入後1年目にシタグリプチンを導入した医師の割合を郡レベルで測定しました。さらに、ペンシルバニア州のすべてのメディケアの有料サービスおよびパートD登録者(N=125,264)とすべてのメディケイド(N=50,836)のII型糖尿病登録者を対象に、2011年のAD治療薬の総支出を測定した。有限混合モデル回帰を用いて、患者の社会統計学的/臨床的特徴を調整し、医師によるシタグリプチンの採用とAD治療費との関連を検討した。

METHODS: We obtained physician-level data from QuintilesIMS Xponent™ database for Pennsylvania and constructed county-level measures of time to adoption and share of physicians adopting sitagliptin in its first year post-introduction. We additionally measured total AD drug spending for all Medicare fee-for-service and Part D enrollees (N = 125,264) and all Medicaid (N = 50,836) enrollees with type II diabetes in Pennsylvania for 2011. Finite mixture model regression, adjusting for patient socio-demographic/clinical characteristics, was used to examine the association between physician adoption of sitagliptin and AD drug spending.

結果:

医師によるシタグリプチンの採用率は、州内の67郡で44~99%と幅がありました。一人当たりの平均AD支出はメディケアで1340ドル(SD1764ドル)、メディケイドで1291ドル(SD1881ドル)であった。ある郡でシタグリプチンを採用している医師の割合が10%増加すると、メディケアでは3.5%(95%CI:2.0-4.9)、メディケイドでは5.3%(95%CI:0.3-10.3)の薬剤費の増加と関連していた。

RESULTS: Physician adoption of sitagliptin varied from 44 to 99% across the state's 67 counties. Average per capita AD spending was $1340 (SD $1764) in Medicare and $1291 (SD $1881) in Medicaid. A 10% increase in the share of physicians adopting sitagliptin in a county was associated with a 3.5% (95% CI: 2.0-4.9) and 5.3% (95% CI: 0.3-10.3) increase in drug spending for the Medicare and Medicaid populations, respectively.

結論:

選択肢の多い医薬品市場において、郡レベルでのシタグリプチンの採用は、処方管理へのアプローチが異なるメディケアとメディケイドの2つのプログラムにおけるAD支出と正の相関があった。

CONCLUSIONS: In a medication market with many choices, county-level adoption of sitagliptin was positively associated with AD spending in Medicare and Medicaid, two programs with different approaches to formulary management.