国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

一時的なセメント残渣を除去する表面処理がコアコンポジットとレジンセメントとの接着強度に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Niger J Clin Pract.2019 Oct;22(10):1441-1447. NigerJClinPract_2019_22_10_1441_269009. doi: 10.4103/njcp.njcp_174_19.

一時的なセメント残渣を除去する表面処理がコアコンポジットとレジンセメントとの接着強度に及ぼす影響

Effect of surface treatments to remove temporary cement remnants on the bond strength between the core composite and resin cement.

  • S H Altintas
  • K Hamiyet
  • S Kilic
PMID: 31607737 DOI: 10.4103/njcp.njcp_174_19.

抄録

背景:

仮固着後のコアコンポジット材の適切な表面洗浄については、十分なデータがなかった。

Background: There was no enough data about the appropriate surface cleaning of core composite material after temporary cementation.

目的:

コアコンポジット材とレジンナノセラミッククラウン材の仮止め後の初期せん断接着強さ(SBS)に及ぼす表面洗浄技術の影響を評価する。

Aim: To evaluate the effects of surface cleaning techniques on initial shear bond strength (SBS) between core composite material and resin nanoceramic crown materials after temporary cementation.

材料と方法:

Lava Ultimateを含む補綴材料から立方体標本を作製した。円柱状の複合体を、オイゲノールを含まない一時的なセメントでスライドガラスにセメントで固定し、合計44本の円柱を作製した(n = 11)。次いで、複合円筒の表面を、Er、Cr:YSGGレーザー、37%オルトリン酸、イエローテープダイヤモンドバー、またはデンタルエクスプローラーで洗浄した。洗浄されたシリンダーをレジンセメントで立方体の試験片に接着した。初期SBS試験は、ユニバーサル試験機を用いて、0.5mm/minのクロスヘッド速度で行った。得られたデータを分析するために、一方向ANOVAおよびポストホックTukey検定を用いた(P = 0.05)。

Material and Methods: Cubic specimens were prepared from prosthetic materials, including Lava Ultimate. Cylinder-shaped composites were cemented to glass slides with eugenol-free temporary cement, resulting in a total of 44 cylinders (n = 11). The surfaces of composite cylinders were then cleaned with an Er, Cr:YSGG laser, 37% orthophosphoric acid, yellow tape diamond bur, or dental explorer. Cleaned cylinders were bonded to cubic specimens with resin cement. Initial SBS tests were performed with a universal testing machine at 0.5 mm/min crosshead speed. One-way ANOVA and post hoc Tukey tests were used to analyze the obtained data (P =0.05).

結果:

初期SBS値は、異なる表面洗浄方法によって有意に影響を受けた(P <.05)。最も高いSBS値はレーザー群(SBS=17.14)で得られたが,最も低い値はデンタルエクスプローラー群(SBS=5.95)で得られた。また、ダイヤモンドバー群とレーザー群との間には有意差はなかった(P =0.982)。

Results: Initial SBS values were significantly affected by the different surface cleaning methods (P <.05). The highest SBS value was obtained with the laser group (SBS = 17.14), while the lowest was obtained with dental explorer group (SBS = 5.95). There was no significant difference between the diamond bur group and the laser group (P =0.982).

結論:

レジン溶出セメントとコアコンポジットとの接着強度を強化するために、コアコンポジット表面のレーザー照射またはイエローテープダイヤモンドバー洗浄を推奨することができる。補綴物の接着または従来のセメント注入の前に、コアコンポジット表面を洗浄する必要がある。

Conclusions: Laser irradiation or yellow tape diamond bur cleaning of the core composite surface could be recommended to strengthen bond strength between the resin luting cement and the core composite. Before adhesive or conventional cementation of prosthetic restoration, the core composite surface should be cleaned.