会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ハイタイプの肛門奇形に対する腹腔鏡下手術による肛門直腸プルスルーのフォローアップ成績 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Laparoendosc Adv Surg Tech A.2019 Nov;29(11):1497-1500. doi: 10.1089/lap.2018.0163.Epub 2019-10-07.

ハイタイプの肛門奇形に対する腹腔鏡下手術による肛門直腸プルスルーのフォローアップ成績

Follow-Up Outcomes of Laparoscopic-Assisted Anorectal Pull Through for Anorectal Malformations of High Type.

  • Quynh Anh Tran
  • Liem Thanh Nguyen
  • Hien Duy Pham
  • Tran Thi Ngoc Nguyen
  • Xuyen Van Nguyen
PMID: 31589547 DOI: 10.1089/lap.2018.0163.

抄録

ハイタイプの肛門奇形(ARM)に対する腹腔鏡下手術(LAEPT)は1998年に初めて導入され、世界中で急速に受け入れられている。しかし、この手技の長期的転帰に関するエビデンスは限られている。本研究では、ベトナムの小児科医を対象に、ハイタイプ乳頭直腸奇形に対するLAEPTの長期治療成績を評価することを目的とした。 2009年1月から2014年7月まで、3歳未満の56人の患者を対象に縦断的研究を実施した。対象は手術年齢、関連する異常、瘻孔の種類、入院期間、合併症、長期的な機能的転帰(3歳以上の小児にはKrickenbeck修正基準を用いた)であった。 患者は56人で、男性48人、女性8人であった。手術時の平均年齢は3.7ヶ月、平均在院日数は4.6日であった。平均手術時間は76.7分であった。平均経過観察期間は38~104ヶ月(平均経過観察71.5ヶ月)であった。尿意覚は46例(82.1%)、言語能力は42例(75.0%)、便意保持は40例(71.4%)であった。 LAEPTはハイタイプARMの管理に有効であり、安全性が高く、有効であると考えられる。

Laparoscopic-assisted endorectal pull-through (LAEPT) procedure in the management of high-type anorectal malformations (ARMs) was first introduced in 1998 and is quickly accepted worldwide. However, evidence on long-term outcomes of this technique is constrained. This study aims to evaluate the long-term outcomes of LAEPT for high-type ARMs in Vietnamese pediatrics. A longitudinal study was carried out from January 2009 to July 2014 in 56 patients <3 years old. Variables included age of operation, associated anomalies, type of fistula, the duration of hospital stay, complications, and long-term functional outcomes (Krickenbeck modified standards were used for children ≥3 years). There were 56 patients including 48 males and 8 females. The mean age at operation was 3.7 months, the mean hospital stay was 4.6 days. The mean operative time was 76.7 minutes. The mean follow-up time was from 38 to 104 months (mean follow-up: 71.5 months). There were 46 (82.1%) patients having feeling of urge, 42 (75.0%) patients having capacity to verbalize, and 40 (71.4%) patients having hold the bowel movement. LAEPT is feasible, safe, and effective in the management of high-type ARMs.