会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高齢者のHIV/AIDSに関する社会的表現 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Bras Enferm.2019 Sep;72(5):1349-1355. S0034-71672019000501349. doi: 10.1590/0034-7167-2018-0296.Epub 2019-09-16.

高齢者のHIV/AIDSに関する社会的表現

Social representations of the elderly about HIV/AIDS.

  • Brígida Maria Gonçalves de Melo Brandão
  • Rebeca Coelho de Moura Angelim
  • Sergio Corrêa Marques
  • Denize Cristina de Oliveira
  • Regina Célia de Oliveira
  • Fátima Maria da Silva Abrão
PMID: 31531661 DOI: 10.1590/0034-7167-2018-0296.

抄録

目的:

を用いて、血清陽性高齢者のHIV/AIDSに関する表象内容を理解することを目的とした。

OBJECTIVE: to understand the representational content about HIV/AIDS among seropositive elderly people.

方法:

a qualitative studyは、2017年4月から5月にかけて、レシフェ/PE市で、48人のセロポジティブな高齢者を対象に、半構造化インタビューを通して実施された。理論的枠組みとして社会的表象理論を、語彙分析の方法としてIRAMUTEQソフトウェアを用いた。

METHOD: a qualitative study carried out from April to May 2017, in the city of Recife/PE, with 48 seropositive elderly people, through a semi-structured interview. The Social Representations Theory was used as theoretical framework and the method of lexical analysis through IRAMUTEQ software.

結果:

その結果、HIVの社会的表象は死の近さを中心に構造化されており、それが限定された集団の病気であることから、悲しみの感情につながることが明らかになった。一方で、再定義された知識と結びついた表象の変容が、病気の自然化のプロセスにつながっていることが明らかになった。

RESULTS: it was observed that the social representation of HIV is structured around the proximity of death and that it is a disease of restricted groups, leading to feelings of sadness. On the other hand, it is evident a transformation of the representation linked to the reified knowledge, leading to the process of naturalization of the disease.

最終的な検討:

それは、HIVと一緒に生きている高齢者は、病気についてのリフレーミングのプロセスを経て、血清陽性の状態に対処するためのより柔軟になると結論づけられています。

FINAL CONSIDERATIONS: it is concluded that the elderly living with HIV, when they undergo a process of reframing about the disease, become more flexible to deal with their condition of seropositivity.