会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯周病患者における審美的インプラントリハビリテーション。外科的・補綴的根拠 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Int Acad Periodontol.2016 Oct;18:120-128. 18-4-2016-120. Epub 2016-10-07.

歯周病患者における審美的インプラントリハビリテーション。外科的・補綴的根拠

Aesthetic Implant Rehabilitation in Periodontally Compromised Patients: A Surgical and Prosthetic Rationale.

  • Erica Dorigatti De Avila
  • Rafael Scaf de Molon
  • Mauricio de Almeida Cardoso
  • Leopoldino Capelozza-Filho
  • Luiz Antonio Borelli Barros-Filho
  • Takahiro Ogawa
  • Francisco de Assis Mollo
  • Luiz Antonio Borelli de Barros
PMID: 31473700

抄録

従来の歯周病治療と抜歯を行った歯周病患者を対象に、上顎前歯部の審美的インプラントアバットメントリハビリテーションを行った2例を紹介する。進行した歯周病のために前歯を失った2例については、無外傷性フラップレス抜歯を行い、その後、即時インプラントとプロビジョナルレストレーションを埋入した。最初の症例では、アバットメントの上に二珪酸リチウムセメントを使用し、審美的に優れた結果を得た。2番目の症例では、カスタムジルコニアアバットメントを補綴物として使用した。3年間の経過観察の結果、インプラント周囲組織に炎症や感染がなく、両症例ともに満足のいく審美性と優れた生物学的・臨床的結果が得られ、治療時間と罹患率が減少したことが示されました。インプラント埋入後の感染症の完全な消失と頻繁なプラークコントロールは、アバットメ ント材料の選択の前に必須である。包括的歯科医療の概念で規定されている最終的な治療計画を概説し、最終的な結果について文献との関連で考察した。

Two cases of aesthetic implant abutment rehabilitation in the maxillary anterior area in periodontally compromised patients following conventional periodontal therapy and tooth extractions are presented. For the two cases of anterior tooth loss due to advanced periodontal disease progression, atraumatic flapless extractions were performed followed by the placement of immediate implants and provisional restorations. For the first case, lithium disilicate cemented over the abutment was used to achieve excellent aesthetic results. In the second case, custom zirconia abutments were used as prosthetic components. The results at the 3-year follow-up showed absence of inflammation and/or infection on the peri-implantar tissue with satisfactory aesthetic and excellent biological and clinical results achieved with reduced treatment time and morbidity for both patients. Total absence of infection and frequent plaque control after implant placement are mandatory before selection of the abutment material. The planning of the final treatment as specified by the concept of comprehensive dental care is outlined, and the final outcome is discussed in relation to the literature.

Copyright© by the International Academy of Periodontology.