会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

APEX-SeqによるプロキシミティRNAのラベル付けにより、翻訳開始複合体とリプレッシブRNA顆粒の構造が明らかになった | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol. Cell.2019 08;75(4):875-887.e5. S1097-2765(19)30585-4. doi: 10.1016/j.molcel.2019.07.030.

APEX-SeqによるプロキシミティRNAのラベル付けにより、翻訳開始複合体とリプレッシブRNA顆粒の構造が明らかになった

Proximity RNA Labeling by APEX-Seq Reveals the Organization of Translation Initiation Complexes and Repressive RNA Granules.

  • Alejandro Padrón
  • Shintaro Iwasaki
  • Nicholas T Ingolia
PMID: 31442426 PMCID: PMC6834362. DOI: 10.1016/j.molcel.2019.07.030.

抄録

多様なリボ核タンパク質複合体は、mRNAの処理、翻訳、崩壊を制御している。これらの複合体に含まれる転写産物は、細胞内の特定の領域に局在し、ストレス顆粒のような非膜結合構造に凝縮することができる。しかし、これらの巨大で動的な構造体のRNA組成をマッピングすることは困難であることが判明している。そこで我々は、アスコルビン酸ペルオキシダーゼAPEX2を用いて、トランスクリプトームの空間的な構成を調べるためのRNA近接標識技術APEX-seqを開発した。APEX-seqは、細胞内のRNAの局在を決定し、主要なRNA結合タンパク質の近傍でのRNAの濃縮・枯渇を決定できることを示した。APEX-seqによって明らかになった空間的なトランスクリプトームと、APEX-質量分析法(APEX-MS)によって決定された空間的なプロテオームを正確に並行して取得することで、活性mRNA上の翻訳開始複合体の組織やストレス顆粒の構成の予想外の複雑さについての新たな知見が得られる。私たちの新しい手法は、高分子の空間環境を探るための強力で一般的なアプローチを可能にします。

Diverse ribonucleoprotein complexes control mRNA processing, translation, and decay. Transcripts in these complexes localize to specific regions of the cell and can condense into non-membrane-bound structures such as stress granules. It has proven challenging to map the RNA composition of these large and dynamic structures, however. We therefore developed an RNA proximity labeling technique, APEX-seq, which uses the ascorbate peroxidase APEX2 to probe the spatial organization of the transcriptome. We show that APEX-seq can resolve the localization of RNAs within the cell and determine their enrichment or depletion near key RNA-binding proteins. Matching the spatial transcriptome, as revealed by APEX-seq, with the spatial proteome determined by APEX-mass spectrometry (APEX-MS), obtained precisely in parallel, provides new insights into the organization of translation initiation complexes on active mRNAs and unanticipated complexity in stress granule composition. Our novel technique allows a powerful and general approach to explore the spatial environment of macromolecules.

Copyright © 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.