国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

分泌性散在性褐色細胞腫における18F-FDOPA PETと123I-Metaiodobenzylguanidineシンチグラフィーおよび18F-FDG PETの比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Nucl Med.2019 Sep;44(9):738-740. doi: 10.1097/RLU.0000000000002736.

分泌性散在性褐色細胞腫における18F-FDOPA PETと123I-Metaiodobenzylguanidineシンチグラフィーおよび18F-FDG PETの比較

18F-FDOPA PET Compared With 123I-Metaiodobenzylguanidine Scintigraphy and 18F-FDG PET in Secreting Sporadic Pheochromocytoma.

  • Alexandre Lugat
  • Delphine Drui
  • Eric Mirallié
  • Françoise Kraeber-Bodéré
  • Catherine Ansquer
PMID: 31306205 DOI: 10.1097/RLU.0000000000002736.

抄録

23歳男性の右多分泌性褐色細胞腫を呈し、F-FDG PET/CTおよびI-Metaiodobenzylguanidine(I-MIBG)シンチグラフィでは陰性であったが、F-FDOPA PET/CTでは強く陽性であった症例を報告する。機能的画像診断は褐色細胞腫の診断と予後に重要な役割を果たしているが、最も関連性の高いモダリティの選択は依然として困難である。高い特異性にもかかわらず、I-MIBGの感度は限られている。F-FDGを使用することができるが、非特異的なトレーサーであり、褐色脂肪組織でのF-FDGの取り込みは分析の妨げになる。しかし、F-FDOPAはI-MIBGに比べて薬物の干渉が少ない褐色脂肪細胞腫において非常に高い感度と特異性を示します。

We report the case of a 23-year-old man presenting a right hypersecreting pheochromocytoma, falsely negative on F-FDG PET/CT and on I-metaiodobenzylguanidine (I-MIBG) scintigraphy but strongly positive on F-FDOPA PET/CT. Functional imaging has a key role in diagnosis and prognosis of pheochromocytomas, but choosing the most relevant modality remains difficult. Despite its high specificity, I-MIBG has a limited sensitivity. F-FDG can be used, but it is an unspecific tracer, and F-FDG uptake in brown adipose tissue can hinder the analysis. However, F-FDOPA shows very high sensitivity and specificity in pheochromocytomas with fewer drug interferences than I-MIBG.